ブログトップ | ログイン

blog Breath

baitbreath.exblog.jp

ベイトブレスのブログ

2013年 09月 06日 ( 1 )

今回は9月1日(日)に行われた北浦バスクラブ「FREEDOM」
マンスリートーナメント(月例会)のプラクティス&試合編です。


まずはプラクティスの内容に入る前に、この時期のパターンを
整理してみましょう…。

真夏のパターンの代表としては、バスにとって過ごし易い日陰と
水が動く場所が上げられます。具体的に北浦で過ごし易い日陰
とは水門やドックの石積、水が動く場所とは流入河川や河口、
または本湖のボディウォーターに面していて、水門開放時や風等
で少しでも水の動きが出やすいエリアの葦やブレイクの杭が有望
となります。

そしてもう一つ忘れちゃならないのは、風の当たるストラクチャー
でのベイト捕食パターン。この風の当たるストラクチャーとは沖に
ある波消しの石積であったり、ブレイクの壁であったり、湖底に
隆起している岩のハンプを指します。

これは強風がガンガン当たる場所にワカサギやイナッコ(ボラの
稚魚)等のベイトフィッシュが風で押し流されて入って来たタイ
ミングで居着きのバスが急に口を使うパターンです。

ただしこのパターンがハマるにはいくつかの条件が重なった時に
起こるので、この辺りは入念な地形調査や経験、勘がモノを
言うところでしょうか。。。
(要するに、どの地形にどんな風向きが合っているかとか、風
の当たり具合はどうか?ベイトがどっちから入ってきて、どっちに
抜けて行くか?するとバスはどの位置にポジションするか?、
この風が吹き始めていつ頃にベイトが入って、いつごろバスの
スイッチが入るか?っとかですかね)

あ、そうそうあともう一つ書き忘れてたパターンがあります。それは
この時期特有のローカルならではのパターンなのですが…、毎年
この時期は真夜中から夜明け前に掛けてワカサギ船のトロール漁
が行われ、そのトロール船が通ったルート周辺の杭やストラクチャー
にバスやベイトが着くというパターンです。


ってことで難しい話はこの辺にして、土曜日のプラクティスに話し
を移して行きましょう。

さてさて約2週間ぶりの北浦なので、まずは季節の進行具合の
チェックからスタートです。水温は2週間前が32℃だったのに
対し、この日は29℃前後。この3℃の差で季節感がどう進む
のかが気になる所です。

ってことでパトロール開始!

まず朝一はトロール船のパターン検証です。トロール漁の通
るルート脇の杭にバイズパワーストレート5”の5gヘビダンを投入
すると小さいながらも600gのバスが釣れてくれました。多分朝の
3投目位でしょうか、やっぱりトロールパターンはありましたねぇ(^^♪
とっても幸先の良いスタートです。
a0097491_10383374.jpg



その後はドック石積・水門等を細かく探って行きますが、いまい
ち反応がありません。そこで石積みの近くにある杭にバイズク
ロー2.5”の2.7gジカリグを投入し、引っ掛けながらリグを持ち
上げてくると500gの魚が釣れました。まだ日陰パターンでは
無いのでしょうかね。。。
a0097491_10402195.jpg



朝から杭にサスペンドするバスが居るのが分かったところで今度
はやや沖にある風の当たるボディーウォーターにある岩のハンプ
をラッシュクロー2.8”を使ったヘビキャロで探って行きました。
すると…やっぱり居ました1200gフィッシュ!v(*^_^*)
a0097491_10423643.jpg



そして、ここでデカイのがキャロで釣れるなら…っとエリアを大きく
変え、今度はブレイクラインが複雑に入り組む場所に移動し
ヘビキャロのワームをワンサイズ上げラッシュクロー3.5”に変更。
入り組んだブレイクの先端に落として引きずると…

ゴン!!っとひったくられる様なバイト!しかも勝手にどんどん
沖へ引っ張られるので、これは間違いなくキャットフィッシュだと
思いながら強引にやりとりしていると…1300gのビックフィッシュ
でした。(~_~;)
a0097491_10425189.jpg



こんな感じで杭とハンプ、ブレイクで合計6匹を釣り、しっかりと
した手応えを感じてプラクティスは終了しました。まぁ、普段は
プラの場合ここまで釣っちゃう事はないのですが、実は翌日に
台風が関東を直撃するとの予報だったので、試合が中止に
なる事を想定してガッツリ釣り込んじゃっていたのが本音の所
なのですw。まさか翌日に台風が消えてベタ凪になるとは思
っても居なかったのですよねぇ(~_~;)


で、翌日は朝からベタ凪。今回は後輩君を乗せてペアで
試合に参戦しました。
a0097491_10432143.jpg



まずは杭パターンで湖を半周。有望な杭を片っ端から打ち
まくって800g2匹と400g1匹を8時半までに揃えリミットメイク。
10時まで杭パターンで粘り、その後は風の当たる沖のハンプ
に移動しクランクとヘビキャロをローテーションして、細かい入れ
替えを行い、全部で9匹釣りましたが小さいバスを500gちょっと
までにしか入れ替える事が出来ず、試合終了時刻を迎えました。

結果は3匹2140gをウェイインし、3位入賞でした。
a0097491_10433450.jpg



今回は朝からペースが良かったので、もうちょっと大きいのが
釣れてくれると思っていたのですが、前日の様なデカバスが
入らず惜しい結果となってしまいました。それでも二日間
ともに良く釣れ、収穫も大きかったのでこれで良しとしましょ
うかね\(^o^)/

北浦の今の季節感としては、やや横引き系にも反応が出
始め、これから秋に向かって更に巻物やキャロへの好反応
も良くなり数釣りが期待できると思います。週末の釣行が
更に楽しみになるところですね。

って事で、今回のTake a Breath...はここでおしまい。次回
はもう少し秋の近づいた北浦をご紹介出来ると思います。
お楽しみにぃ(^o^)/
by baitbreath | 2013-09-06 10:44 | Yasu井上Take a Breath