ブログトップ | ログイン

blog Breath

baitbreath.exblog.jp

ベイトブレスのブログ

ヤス井上のTake a Breath...Vol.13

ヤス井上のTake a Breath...Vol.13
今回は8月11日に行われたNBC北浦チャプターBaitBreathカップの
プラクティス編です。

今回はお盆休みも重なったので3日間の集中プラクティスを行ってき
ました。
a0097491_14463245.jpg


これまで好調だった沖のハードボトムのパターンも例年通り7月中旬で
ひと段落し、今回のプラクティスは夏のセオリーとなるシェードと縦ストラ
クチャーを徹底的に調査するのが目的でした。

プラを通して特に良かったのは、葦のシェードパターンにはバイズシュリ
ンプ3.5”と4.5”の5gジカリグ。そして縦ストとなる杭にはバイズパワースト
レート5”の5gヘビダンが有効でした。ヘビダンはリーダーの長さをテスト
する為、50cmくらいと通常の30cmくらいの2セットを用意。
a0097491_14464866.jpg


バイズシュリンプは葦でのすり抜けが抜群に良く、またジカリグで使用
すると着底した時の姿勢がテキサスリグよりも良く、また軽くロッドを煽る
だけでテール部分がパタパタとしっかりと水押しをするので濁った水の中
でもアピール度は抜群でした。

写真は葦とレイダウンの流木がリンクする場所でバイズシュリンプに
バイトしてきたキロフィッシュ。
a0097491_1447095.jpg


パワーストレート5”は、部分的に太くなっている特殊なテール形状が
しっかりと水を噛み、一般的なストレートワームよりもアピール度も高く、
杭の中層にサスペンドするバスを確実にバイトに持ち込む事ができま
した。

これはブレイクラインの杭にサスペンドしていた1300gのナイスバス。
バイズパワーストレート5”にて。
a0097491_1447141.jpg


これは600gぐらいのアベレージサイズ。ワンドの入り口にある矢板前
の杭でバイトしてきました。
a0097491_144728100.jpg


この時期の北浦の試合では800g3本を釣ればほぼ上位入賞は確実。
プラクティスでは600g~1kgが釣れるパターンを確認し、良い手応えを
得ておりましたが、案外ポイントが少ない北浦では、他の選手とのバッ
ティングやプラクティスによる人的プレッシャーにより消滅する事もしば
しば。。。なのでこれだけでは勝てる訳もなく、更にバックアップポイント
の調査もしっかりと行っておきました。


6月からイナッコ(ボラの稚魚)が護岸際の石積みに多く入り、それを
追って多くのフィッシュイーターが入り込んでいるので、そこをマッチ・ザ
・ベイトとなるシャッドで攻めると…型は悪いですが300g~600gまでの
キーパーサイズが容易に釣れる事を確認。
a0097491_14474340.jpg


こんな感じで3日間しっかりプラクティスを行い、北浦本湖を全周して今の
状況を確認して行きました。そこそこな手応えを感じており、試合当日を
迎えるのが楽しみで楽しみで…ムフフフフ。。。。ってくらいでした(*^_^*)v

まぁ実際には、あんな結果になるとはまだこの時は思ってもいませんでしたがぁ
(@_@;)


で、番外編ですが、
夏⇒バックウォーターって事で、こんな所までしっかり調査しましたよ!もちろん
何も起こりませんでしたがぁ。っていうかボートが両岸に挟まって、本当に動け
なくなったりも…(笑)

a0097491_14475824.jpg

a0097491_14481616.jpg


っという感じでそこそこの手応えを感じてプラクティス終了…。
Take a Breath...プラ編はここまで。
試合は何となく僕らしい結果が予想されますがぁwww
次回Take a Breath... vol.14 NBC北浦チャプターBaitBreathカップ編に続きます。
お楽しみに~!
by baitbreath | 2013-08-20 14:49 | Yasu井上Take a Breath