ブログトップ | ログイン

blog Breath

baitbreath.exblog.jp

ベイトブレスのブログ

<   2014年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「寒波襲来!激渋の北浦、シャッド攻略法」の巻。

前回のTake a Breath vol.64にてサンラインテスターカップで優勝したとご

報告させて頂きましたが、今回はそのパターンを大胆かつ独断の見解で解説し

て行きたいと思います。

a0097491_15335458.jpg

試合当日は寒波の影響もあり、水温が日に日に落ちて行っているようでした。

ちなみに水温は7℃。2月の真冬に比べたらまだまだぬるいと言える水温では

ありますが、急激な水温変化はバスにとって強烈に食い渋る原因となりました。

a0097491_15342514.jpg

極度に食い渋った時のバスは目の前に美味しそうなワームが落ちて来ても見向

きもしなかったり、水温が高い秋口では大き目のサイズのワームやルアーに果

敢にアタックしてきたにも関わらず、水温が落ちると23インチ程度の小さい

ワームにしか反応しなかったり、小さな平打ちをするシャッドにしか反応しな

い場合があるのです。

冬の北浦に良く効くリグの紹介

a0097491_15344151.jpg

TAP TAILのジカリグ

a0097491_15350418.jpg

水深に合わせたシャッド

そして今回の試合でチョイスしたのはシャッドでした。この日は数多くの

クラブや団体で試合が重なり、スタート時間も8時からだったと言うことも

あり、開始直後から既に相当なプレッシャーが掛かっている状況下でした。

よって、あえてスモールワームでジクジクやるのは釣り的にも時間的にもリ

スクになると判断し、丸一日シャッドのみで攻める事に決め、3セットのシャ

ッドをメインとしてこの時期最も多くバスのストックされる北浦中流域の木枠

ジャカゴのみをターゲットに決め、試合を展開して行きました。

シャッドタックルの紹介。

使用ラインいずれも8lbフロロカーボンのSHOOTEER

レギュラーテーパーの67”ベイトロッドを使用。

リールは8.6のハイギアのベイトフィネス専用リール。

そしてシャッドは1m・1.5m・2m潜る3セット。

①のラインについて。

これは言うまでもなく、木枠に対してのアプローチとなり、バイトしてから

直ぐに引き剥がさないとラインが木枠に擦れてブレイクしてしまうので、飛

距離も考慮してギリギリの太さで最強のラインを選択。またナイロンを使用

しないのは、キスバイトであってもロッドが十分にルアー弾きを吸収してく

れるので、伸びの少ないフロロを使用しています。

②これは現在tailwalkで開発している新作のロッドで、この釣りに特化した

竿を作って貰っています。アクションはレギュラーテーパーの67“のライト

アクション。キャスティングコントロールと、飛距離を追求した結果この長さ

に到達しました。

③リールは18.6のハイギアベイトフィネスリールを使用。通常巻物を使用

する場合は、16.8等のローギアが良いと言われるのが一般的ですが、僕は

シャッドを使用する場合は、あえてハイギアを使っています。トルクの掛かる

クランクベイト等はローギアをもちろん使用しています。なぜハイギアなのか

と言うと、ハイギアでシャッドを超ゆっくり引くと、驚くほど感度が上がりハ

ンドルノブを通してビリビリとルアーの挙動が伝わって来るからなのです。

また、もう一つのメリットはフッキングした時に更にラインを巻いていち早く

フックを奥深く刺せる事が出来るのと、当たり前ですがミスキャストや回収時

のスピードが圧倒的で、手返しが良くなり、キャスト数⇒バイトも増やす事が

出来るからなのです。

シャッドの潜航深度を細かく設定するのには理由があります。

例えば2mの水深で高さ80cmの岩が沈んでいたとします。そこに1.5m潜るシ

ャッドを通すとどうなるか?簡単な事ですが、中層をシャッドが泳ぎ途中の岩

の先端にコツンっとシャッドのリップが当たり、ヒラを打たせる事が出来ます。

1.5mの水深で80cmの岩が落ちていれば、1m潜るシャッドを投げれば同様の

事が起きます。つまり常々ボトムをノックさせるのではなく、中層を引きながら

バスが隠れる障害物のTOPでバスの目の前でルアーを平打ちをさせたいからな

のです。

新提案。「微波動系リアクションバイト」の解説。。。

急な水温変化に対応出来なくなったバスは食い渋ると上で書きましたが、そうな

るとバスはワームすら食わなくなります。スローにしても食わないならリアクシ

ョンでバイトを誘発させるのはバスフィッシングにおけるセオリーです。しかし、

時には強いリアクションですら反応しないバスが増えるのも水温変化が多いこの

時期の特徴。その解決策となるのがこの微波動系リアクションバイトなのです。

a0097491_15354100.jpg

微波動系リアクションバイトとは、シャッドを単に超デッドスローに巻いて、バス

の潜む障害物の出っ張りにほんの少しだけリップを当て、極小のヒラ打ちをバスの

目の前で発生させリアクションバイトに持ち込むメソッドなのです。

クランクベイト等の早い動きや強い水押しの波動に反応の無い時にも絶大な効果

があり、何回も入れ代わり立ち代わりボートが浮いているハイプレッシャーな場

所でも他を圧倒する釣果に結び付ける事が出来るんです。

事実、127日に行われた試合でも、何人もが叩いた有名ポイントに入り、他の

アングラーが全く釣れなかった時に、シャッドで4+クランクで1本の合計5

のバスをヒットさせる事に成功し結果は優勝する事が出来ました。この日の北浦

では2つの大会が重なり50艇を超えるボートが参加しましたが、私のチーム以外

が釣って帰って来たのは僅か12チームでバス13匹。リミットメイクしたのは私

のチームのみ。大半が食い渋りによるノーフィッシュでした。

ここで、キモとなるポイントを整理します。僕が提唱する「微波動系リアクション

バイト」とは…、

・ボトムノックしない水深に合わせた中層を引けるシャッドを選ぶ

・シャッドを超デッドスローに巻く

・魚が隠れるであろう障害物にほんのちょっとだけリップを当て、小さなヒラ打

ちをさせゆっくり泳いでいた小魚が目の前に居るバスに驚いて逃げるアクション

を演出する。

まぁ以上の事から分かると思いますが、言うほど難しい事をしている訳ではないし、

誰でも普通に自然にやってる単純な事を、ただ繰り返しているだけなんですよね。

でもね、これが案外釣れるんですよぉ~。

信じるか信じないかはアナタ次第ですwww。

(っていうか、こんな事普通に雑誌に書いてあったらゴメンナサイ。僕はあまり

雑誌を読まないので…(*_*;)

今回は真面目なお話しをしてみました。皆様もぜひやってみてくださいね。

ってことで今回のTake a Breath…はここでおしまい。

次号は、年明けになると思います。

それでは皆様、風邪などひかぬ様良い年末と素晴らしい新年をお迎えください。

Take A Breath…番外編

12/29に北浦で獲った年納め1450gフィッシュの写真UPです

WONDER BAITS

TAP TAIL グリパンブルーラメ 2.7gジカリグにて(^^

a0097491_15360419.jpg

a0097491_15363375.jpg

詳しいレポートは次回に続きます。。。(^O^)


by baitbreath | 2014-12-29 15:37 | Yasu井上Take a Breath
爆連メンバーの正利と噴火湾へロック修行へ行ってきました。

水はクリアーで海底が丸見え状態です(^^)

何の反応もないまま防波堤中間付近で足元のスリットに リアルエヴォリューションのブラックを送り込むと… Σ(*゚д゚艸)


雪にまみれてますがアイナメです(^^)


a0097491_21500998.jpg




その後はERリグとリアルエヴォリューションの組み合わせで…(^^)



a0097491_21502724.jpg


最後に藻蝦2”で…( ̄^ ̄)ゞ



a0097491_21504316.jpg



これからの時期は藻蝦2”は必需品ですね^^
by baitbreath | 2014-12-21 21:49 | Breath From EZO
噴火湾漁港ロックに行ってきました!

入ったエリアは砂地が多くアブの居そうな場所を探すのに一苦労でした(笑)

先ずはダウンショットリグでの遠投を…

スイミング&ステイからのシェイキング…
アタリ拾えない~_~;

シンカーを軽くし、テキサスリグ3.5〜5.3gを使い分け 藻蝦2” でケイソンのスリットを軽くアクショ!

ショートバイトが多発!f^^;


なんとかフッキング!

サイズが…

諦めかけて同じ事繰り返してると!

ゴンッ!!

a0097491_17383491.jpg


ナイスサイズのアイナメも住んでいました!(笑)


by baitbreath | 2014-12-17 17:37 | Breath From EZO
「第一回サンラインテスターズCUP in 北浦参戦」の巻

去る127日茨城県北浦にてサンラインテースターズミーティングが行われま

した。これは㈱サンラインの関東圏のサポートプロが一同に集まり、各フィール

ドテスター同士の交流と親睦を深める為に行われたイベントでした。

a0097491_10565188.jpg

そしてこのイベントのメインとなるのが「サンラインテスターズCUP」。TOP

50やJBプロ。TBCやWBSからもツワモノと言われた各団体でも最強と呼ばれ

たトッププロ達が集結し、霞水系に繋がる支流も含め関東最大級のエリアで1位の

みが全ての豪華賞品を総取り出来るというガチンコトーナメント企画なんです。

a0097491_10584663.jpg

13匹の総重量の試合なので2名乗船可能なルールなので、今回は峰プロをバック

シートに乗せての参戦でした。、

カメラを向けると、シャイな峰さんは顔を隠しちゃいました。

(本当は冷たい風をタックルボックスで避けているらいいですw)

a0097491_10591025.jpg

僕のホームレイク北浦での試合なので、例え最強プロが相手であっても負けるわけに

はいきません!!朝からお気に入りのヘルメットを被りフルスロットルです!


a0097491_10592254.jpg

朝一から大本命である北浦中流域のワンドにある、この時期に良くバスが溜まる

木枠ジャカゴに直行しました。

しかし我々の試合より一時間早くスタートしたローカルクラブのトーナメントのアン

グラーが既に4艇も浮いていて、完全にハイプレッシャー状態。オワッテル(゜Д゜)

っていう雰囲気たっぷり。

でも朝一から諦めるにも行かず、とりあえず気合を入れるのですが…。何故か朝から

二人ともゆるゆるなモードでまったりフィッシング。

a0097491_10594108.jpg

っていうか、ロッドは曲がるのですが…根掛りばかり()

気合を入れ直して、前週も反応のあったシャッドパターンで攻める事に…。

前週も同じでしたが、今回も急激な水温低下によりバスが中々口を使わない状況

の様子。他のアングラーがワームで釣りをして全く釣れない様なので、シャッド

で丁寧なアプローチを心掛けて釣りをしていると…、

a0097491_10595388.jpg

a0097491_11000491.jpg

途中何回か入り直して最終的には5匹掛けて、見事に入れ替えにも成功!

そして30分前に余裕の帰着w。っていうか、本当は大会スタッフで検量係だった

為に早めの帰着なのです。

多くの選手が口を揃えて「激渋で釣れなかった」とコメントする中、

なんと32540gをウェイインし。

a0097491_11001762.jpg

結果は…。。。。

a0097491_11003432.jpg

なんと優勝!!! \(^o^)(^o^)

a0097491_11004924.jpg

準優勝はTBCの沖田プロ・西嶋プロペアで21550

3位は同ウェイトのWBS盛プロ・JB富村プロペアと

同じく3位にJB出村プロ・JB村中プロプロが各チーム1匹でしたが

1420gのデカバスを仕留めてウェイイン。

って感じで、僕らチームは2位に約1kgの差を付けてぶっちぎりの優勝でした\(^o^)

 

年内最後の試合で気持ち良い優勝(^_^)v

頑張ってるとたまには良い事もあるみたい。これだから釣りって楽しいんですよね~。

それではここから、優勝した僕が最近拘っている北浦のシャッドパターンの釣り方

について色々と解説をしたいと思います。

a0097491_11010349.jpg

っと思っていたら、お時間がやってきてしまったようですので詳しい解説は

次回にしたいと思います…(^-^;

ってことで今回のTake a Breath…はここでおしまい。

次号は、「寒波襲来!激渋の北浦、シャッド攻略法」をアップする予定です

のでお楽しみにぃ(^.^)/~~~

Take a Breath…番外編

サンラインのテスターでも大先輩の竹Gこと竹内俊美プロ。

a0097491_11015909.jpg

今回は竹Gアローが不発だったようで…。

内容は省略させて頂きます()

竹G(/^.^)/―――アロ―――!!!
by baitbreath | 2014-12-17 11:02 | Yasu井上Take a Breath

Yasu井上のTake a Breath... vol.63

「秋本番!北浦を攻略せよ!」の巻

盛大に盛り上がったバサクラも終わり、楽しかった2014年のシー

ズンも残すところあと僅か。めいっぱいシーズンのラストを楽しみ

たいところですね~(^^

さてまず始めは、102526日で行われたバサクラのシーンをちょ

っとだけ振り返ってみましょう。。。

これは会場風景です。国内最大級のイベントだけあって、すごい

来場者数で、ステージも超満員で盛り上がりまくりのイベントで

した(^O^)

a0097491_09402283.jpg

大会参加選手の清水盛三プロ

a0097491_09404781.jpg

a0097491_09404688.jpg

山木一人プロ

a0097491_09404605.jpg

二人ともカッコイイっすねぇ( *´艸`)

でもやっぱ見るのも良いのですが、いつかは選手として参加したい

ものです。(っと言ってみるテストw

で、盛三プロのキャディ兼運転手の竹Gのドアップ写真( ゜Д゜)

いまにも竹Gアローを撃ちそうな勢いです (/^^)/~~~

a0097491_09404602.jpg

ベイトブレスブースでは、谷野雅人君と高橋君とベイトブレスサポート

チームで今年も大盛り上がりでした!

a0097491_09404752.jpg

a0097491_09435814.jpg

そんな中、ブースに居た僕をトッププロと勘違いしたのか?何故か僕に

サインをおねだりをしてくださる女性が( ゜Д゜)!!

断る理由もないのでカッコつけてサインなんかしちゃったりwww

(これは超絶レア物ですぞw)

※ひとみさんおねだりありがとうございます。でも次回からは有料ですw。

a0097491_09404790.jpg

番外編ではスタッフで飲み明し、TOP50AOY男コバ君が、たまたま

居酒屋に居合わせた地元のオジサマからサインをおねだりされ、Tシャツ

にサインするという本場BASSさながらの珍事なんかもあり、とにかく

とっても楽しかった二日間となりました。

a0097491_09404753.jpg

また来年もブースのお手伝い頑張ろうっと(@^^)/~~~

で、さて、ここからが今回のTake a Breath...の本題に入りたいと思います!

(今までは前置きだったのか?)

なので、もう一回タイトルコールです!

「秋本番!北浦を攻略せよ!」の巻w

っと言うところで、今回は最近凝っているGoProを使い、1124日に

北浦で撮影した動画を編集し、オリジナルムービー形式でblogアップ

をしたいと思います。

このビデオの解説:2013年度北浦チャプターAOYである北浦をを知り

尽くした(と勝手に思っている)ヤス井上が橙色のボートで北浦を駆け

巡り、大した釣果もない動画をダラダラと公開しているムービーです。

北浦をもっと知りたいアングラーには必見の内容となっており、完全自前w

完全自撮りw、完全自分編集をモットーに、なんだか凄いプロっぽい解説

で、DVDみたいな映像満載のスペシャルムービーコンテンツなのです。

ま、お暇な方はとにかく約11分のムービーにお付き合いくださいませ<m(__)m>

ちなみに、

本人曰く「ファン必見!北浦の真実がそこにある!」らしいです。

ファンってwww

( ´,_ゝ`)プッ

っていうか真実?何それ?

( )アハハ八八ノヽノヽノヽノ / /

まぁ、半分ギャグで半分は超真面目な渾身の自撮りムービーをどうぞお楽しみ

くださいませ(^O^)

ちなみに編集作業は5時間。釣行も5時間。合わせて10時間をざっくり11分に

まとめております(=゜ω゜)ノ。頑張って作ったので皆さんどうか見てくだ

さいね!

ってことで、今回はこれでおしまい。

それではまた 次回 Take a Breath ...でお会いしましょう(^.^)/


by baitbreath | 2014-12-08 09:49 | Yasu井上Take a Breath