ブログトップ | ログイン

blog Breath

baitbreath.exblog.jp

ベイトブレスのブログ

<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

前回の記事で年間優勝をご報告しましたが、今回は少し
だけ試合について書いていこうと思います。

まずは試合前日の土曜日に行ったプラクティスの結果から。
この日はとっても穏やかな日でした。夏と秋の混在する時期
なのでパターンは日替わりなのですが、実は最近岬絡みの
1m位の浅い杭で非常に良い感触を得ていました。

しかし翌日に台風が関東へ直撃すると言う事で、シャローは
沈黙であろうと予測し、念の為少しレンジを下げた沖目の岩
や漁礁跡、オダを中心に練習を行いました。

するとディープクランクにまぁまぁなサイズがポツリポツリと
釣れてくれたので、バックアップパターンを確認する事が
出来て一安心し、プラを終了しました。
a0097491_12551379.jpg



そして翌日の9月15日。午後に台風が直撃するとの予報が出
ており、朝から大雨そして突風。7時を過ぎた所で全員が様子
見状態でスタートもウェイティング。。。。

誰しもが試合中止を予想していたのですが、なんと急に湖が
穏やかになり、8時近くに試合スタート!!

がしかし、やはり台風が直近に迫っているので、納まったは
ずの風がスタート直後から一気に吹き始めました。しかも最
悪なのが南南西の風。この風が吹くと北浦の殆どのエリアが
ダバダバの大荒れ状態となるのです。

そんな中、朝からシャローの杭をパワーストレート5”のヘビ
ダンでランガンして攻めて行くのがメインパターンだった僕は、
全く打つ所すらなくなり、9時過ぎまでノーバイトノーフィッシュ。
約20ヵ所の場所をピックアップしておいたのですが、その全
てが風表のダバダバで使い物にならなくなってました(@_@;)

9時を回った段階で風は更に強くなり、いよいよ危険な状況
に。。。このまま天候が更に悪化すれば、恐らく試合開始2
時間で成立するルールが適用されるのではないか?っと思
うと…、この激荒れの中で最低でも1匹は釣らないとならず、
僕がノーフィッシュで2位の選手が小さくても一匹でもバスを
持ち帰れば、年間優勝もパーな訳です。

こうなったら一か八か、前日のプラで反応のあった、沖の
ディープクランキングパターンに最後の望みを託し攻め方を
大きく変更する事にしました。

移動後、神に祈るような気持ちで巻き倒していると…
奇跡のヒット!やったぁ~この手応えは間違い無くバス。涙が
出るほど嬉しかったのもつかの間…、

強風に煽られ流されたボートがラインテンションを緩め、ラン
ディングネットに手を伸ばした瞬間にまさかのフックオフ。完全
にやらかしました。これで終わった。もうダメ。せっかく一年間
頑張った努力も水の泡。。。(ToT)

a0097491_12552588.jpg

灰になっちまったジョーの気分です。。。orz
(※写真撮影はオブザーバーで同船頂いた北チャプ会長です。)

残り時間はおよそ40分。既に高波で立っても居られない状況。
一度頭をリセットし、さっきバラした経験を生かす為、掛けてから
ラインテンションが緩まない様にロッドを長い物に持ち替え、最
後までディープクランキングで巻き倒そうと決意。

半べそ状態で巻き巻きしてると…冗談みたいですが来たんです
よ!待望のバスからのバイトがぁ。しかもナイスフィッシュなんで
す!掛けてから、またボートが流されてラインテンションが緩み
そうになりますが、そこは長い竿でしっかりテンションを張って
カバー。

水面で何度もジャンプするバスに、頼むからネットに入ってくれ
と呪文を唱える様にファイトしていると…、無事に入ってくれました。

そりゃもう吠えましたよ。アイコネリ張りにねヽ(^o^)丿

それだけ嬉しかったし、年間優勝を確実にしてくれるバスだと確
信しましたしね。(試合中ですのでまだ早いんですがw)本当に
本当に喉から手が出るくらい釣りたかったバスだけに、痺れまし
た!

そして9時半を向かえ、強風高波で安全を考慮し会長が10時で
試合を終了すると決定。9:59分にラストキャストしたクランクに
更なるドラマが!!!っと思ったらキャットフィッシュでしたwww。
a0097491_12553663.jpg


そんな感じで試合は約2時間半位で終了しましたが、ギリギリ
で獲ったバスに救われ、1匹1050gでその日の試合は3位入賞!
a0097491_12554715.jpg


そして、年間優勝もする事ができました。まぁ、結果的に言えば
暫定2位の選手がノーフィッシュだったので、僕もノーフィッシュで
も年間優勝は決まったみたいなのですが、最後まで徹底的に攻
めきった結果、6戦中4戦表彰台に上がれ、ポイント差でも2位に
29ポイントも差をつけてブッチギリの年間優勝となり、最高の一年
となりましたヽ(^o^)丿
a0097491_12555968.jpg


応援くださった皆様、あらためましてありがとうございました。


さて、今後の僕のスケジュールですが、JB戦も残すところ10月
19・20日に行われるマスターズの野尻湖と、10月13日に行わ
れるNBCのブロックチャンピオンシップで神流湖となります。
ってことで、今夜からプリプラで野尻湖に行ってきます。また
面白い情報があったら記事をUPしたいと思いますので、
次回もどうぞ宜しくお願いします。ヽ(^o^)丿

BaitBreath HPリンク
by baitbreath | 2013-09-27 12:56 | Yasu井上Take a Breath
季節ハズレのメバルです。館山はカマス、ムツ好調!
a0097491_1075475.jpg

by baitbreath | 2013-09-24 10:08
台風の後、南房はキビナゴが接岸!これを食べにスズキとカマスが乱舞中です。キビナゴパターンは絶対チャートっす。お試しあれ。
a0097491_1274952.jpg

by baitbreath | 2013-09-20 12:08
今回のお題は「祝!年間優勝獲得!」です。
って冒頭いきなりですが…とうとうやったりました!ヽ(^o^)丿

年間6戦と一般のNBCチャプターよりも長い戦いでしたが、
2位・3位・優勝・9位・12位と来て…最終戦も3位でフィニッ
シュし、ホームレイクの北浦で悲願の年間優勝を果たす
事ができました。

a0097491_12433890.jpg


ちなみに今年北浦チャプターで頂いた入賞盾は4枚。あと
年間優勝の盾が後日頂くらしいので全部で5枚GETです!
いやぁ~本当にラッキーな一年でした。

a0097491_12434997.jpg


ローカルな試合のチャプター戦ではありますが、むしろマ
ニアックなツワモノ達を相手に戦い一年間を戦い抜いて
勝つ事は至難の技。憧れの先輩方や師匠達が獲って来
たタイトルに、ようやく僕も手が届きましたヽ(^o^)丿

もちろん偶然やラッキーが有ったからこそ、僕には獲れ
たのだと思いますが、ここまで辿り着くのにはとても長い
長い道のりでした。(ToT)

約15年前に友人に誘われ、本格的にバスフィッシングを
始めたのがこの北浦でした。バスボートで初めてバスを
釣ったのも北浦。そしてBaitBreathの社長に出会ったの
もこの北浦でした。

社長に「いつか憧れのBaitBreathの選手にさせてくださ
い。BaitBreathのシャツを着させてください」っと懇願して
から早6年。今ではこんなblogまで書かせて頂いている自
分に驚くと共に、長かったですがこれでようやっとスタート
ラインに立てた様な気がしました。

まぁ、プロならプロ戦で勝ってナンボだとは思いますが、
自分にとってホームでの年間優勝は最低限であり最大限
の目標でもありました。これが獲れたのもBaitBreathの
素晴らしいルアーがあったからこそなんです。

他社にも素晴らしいルアーは沢山有りますが、どうしてここ
までBaitBreathのルアーがこの水系で末永く支持されてい
るのでしょう?それは製品の作り込みの深さだと思うんです。

BaitBreath製品を手にとって良く見てみてください。このル
アーはなぜ?どうしてこんな形してるんだろ?っと思うと思
います。そこには製作者の明確な意図があるんです。それ
だけ思いが込められているんだと僕は思って居ます。
a0097491_1244079.jpg



今年も試合では色々なルアーを使って来ました。中でも衝撃
的だったのがバイズシュリンプ。あのイボイボと毛。。。見た
目も食感もヤバすぎましたねw。そしてバスが本気食いする
姿を見て、やっぱりBaitBreathのルアーってスゴイって改めて
思いました。
a0097491_12441097.jpg



また、プロトタイプの頃からその凄さを実感していたのが、
バイズパワーストレートでした。浮き方、テールの誘うような
艶かしい動き、そして普通のストレートには無い水押し。どれ
をとっても最強のストレートワームでした。恐らく今年釣った
北浦バスの中で6~7割くらいはこのワームだと言えるくいら
い釣れっぷりの良いルアーでした。
a0097491_1244198.jpg


もちろんその他の定番であるバイズクロー、ラッシュクロー、
ヴェイン、ハスキー、フィッシュテール、モシャ等でもいっぱい
魚は釣っています。それだけ優秀なルアーが多いBaitBreath。
この最強なルアー達があったから今の僕があるんだと思い
ます。

そして、こんな僕にも釣れてくれた北浦のバス達が居てくれ
たからこそ、今の僕があるんです。残念ながら彼らはこのblog
を見れないけれど、いつも釣れてくれてありがとうって思って
います。

そうそう話しは変わりますが、最近では湖上でこのblog見
てるよってお声掛けしてくれる方がおります。大変嬉しい限
りです(^^♪ 読んでくれたり応援くださった皆さんに、この
blogを通して再三暫定1位だっと言って居た手前、本当に
年間優勝が獲れなかったらどうしよう?って内心思っており
ました(笑)

でもね、何とか無事に獲る事が出来ましたよぉ!これも応
援してくださった皆様の声が励みになり、勝つ事が出来た
んだって思っています。心より感謝を申し上げます。(*^_^*)ノシ

っていうかなんかBASSエリートシリーズでAOY獲った様な
話しっぷりですが…(笑) まぁそれぐらい僕にとっては嬉しい
事だったって事でご理解くださいwww (~_~;)

とにかく僕にとって試合はおっきいも小さいも無く全て同じ
なんです。それがチャプターだろうと、プロ戦であろうと、
毎試合勝っても負けても甲子園の球児達の様に泣ける
様な試合をしたいと思って臨んでいます。

今年の試合も残すところあと数回。燃え尽きるまで全力で
戦いたいと思っておりますので、どうかこのblogと共にお付
き合いしてくださいねヽ(^o^)丿

ってことで、今回はこれでおしまい。
次回のTake a Breath...Vol.18は北浦チャプター最終戦の
模様をレポートしたいと思っております。
by baitbreath | 2013-09-19 12:45 | Yasu井上Take a Breath
今回は次週に行われるNBC北浦チャプターのプリプラク
ティスの模様をさらっと書いて行こうと思います。試合前
にあんまり内容を書いちゃうと、自らの首を絞める事に
なっちゃうので…あくまでもさらーっとした内容ですw。(~_~;)

ってことで本編スタート。
前号では現在の北浦がやや秋にシフトして来ている感じ
があると書きましたが、ピーク時には32℃あった水温が
28℃まで下がり、それに伴ってバスの活性が上がって来
た様に感じております。

プラの結果から言いますと、朝の数時間で4匹。午後に掛
けても行く場所行く場所でダラダラと釣れ続き、ゲストを含
む二人で合計11匹を釣りました。最近では珍しい2週連続
で二桁達成です(*^_^*)v

で、今回活躍したルアーはヘビーキャロライナリグで使用
したラッシュクロー3.5”
a0097491_193101.jpg



と、ヘビーダウンショットで使用したバイズパワーストレート5”
でした。
a0097491_1932060.jpg




ヘビキャロの使い方としては、この時期はやや横に動く物
に興味を示し出す時期でもあるので11gのシンカーを使い
底にベッタリではなく、ポンプリトリーブでリグはあまり止め
ないで、ゆっくりと底を切ってハングオフしながらもやや漂
わせ気味に引くイメージで釣って行くと良い反応がありました。
a0097491_193317.jpg



そしてヘビダンはストラクチャーに対して一度引っ掛けて、
中層でハングオフさせるとバイトしてきました。
a0097491_1934036.jpg



パートナーもパワーストレート5”で良型のバスを仕留めて
ご満悦です。
a0097491_1934768.jpg



あと忘れちゃいけないのが、秋の定番クランクベイトです
よね。今回は2匹しか出ませんでしたが、沖の岩のハンプ
にて…。
a0097491_1935677.jpg



この日は巻物への反応が今ひとつでしたが、これから日
を重ねる毎に水温も下がり、ベイトもより群れを成して行
き、それを追ってバスも活発にベイトを捕食するので、
例年ですと沖目の障害物でのクランク・バイブレーション
・スピナベが有効になって行くと思われます。
本格的な秋が楽しみですね(^^♪


さて話しは今週末の試合に移しますが…、
週末の水の中の季節はいったいどうなるものか?秋が
いっそう進むのか?それとも残暑の影響で夏に逆戻り
しちゃってるのか?非常に悩ましいところであります。

良く「秋バスは荒食いする」っと言われますが、水温も
下がりバスにとっては過ごしやすい場所も増え、実は
湖の何処にでも居られる状態になるので、先週良く釣
れた場所からこつ然と姿を消したりする事も多く、ある
意味恐ろしい秋でもあったりするんです。

ですから今回の試合ではいかに早くその日の魚のポ
ジションを見つけ出して、季節の進行具合に対してど
うやってアジャストして行くかが鍵となる大会となりそ
うです。年間優勝が掛かる大事な試合だけに、いつも
以上に頭がグルグルしてる自分がココに居ります。

まぁ、試合中に一息(take a breath...)入れられるくら
いリラックスした気持ちで挑めたらな…って思って居
るのですが、きっと緊張からグダグダな結果が予想
されますねw。。。でもやるからには必死になって頑
張って来たいと思っておりますので、皆様どうか応援
していてくださいねヽ(^o^)丿


ってことで今回はここまで。
次回は北浦チャプターの報告編となると思います。
はてさて、結果は如何にぃ~?次号にご期待ください!
by baitbreath | 2013-09-12 19:04 | Yasu井上Take a Breath
今回は9月1日(日)に行われた北浦バスクラブ「FREEDOM」
マンスリートーナメント(月例会)のプラクティス&試合編です。


まずはプラクティスの内容に入る前に、この時期のパターンを
整理してみましょう…。

真夏のパターンの代表としては、バスにとって過ごし易い日陰と
水が動く場所が上げられます。具体的に北浦で過ごし易い日陰
とは水門やドックの石積、水が動く場所とは流入河川や河口、
または本湖のボディウォーターに面していて、水門開放時や風等
で少しでも水の動きが出やすいエリアの葦やブレイクの杭が有望
となります。

そしてもう一つ忘れちゃならないのは、風の当たるストラクチャー
でのベイト捕食パターン。この風の当たるストラクチャーとは沖に
ある波消しの石積であったり、ブレイクの壁であったり、湖底に
隆起している岩のハンプを指します。

これは強風がガンガン当たる場所にワカサギやイナッコ(ボラの
稚魚)等のベイトフィッシュが風で押し流されて入って来たタイ
ミングで居着きのバスが急に口を使うパターンです。

ただしこのパターンがハマるにはいくつかの条件が重なった時に
起こるので、この辺りは入念な地形調査や経験、勘がモノを
言うところでしょうか。。。
(要するに、どの地形にどんな風向きが合っているかとか、風
の当たり具合はどうか?ベイトがどっちから入ってきて、どっちに
抜けて行くか?するとバスはどの位置にポジションするか?、
この風が吹き始めていつ頃にベイトが入って、いつごろバスの
スイッチが入るか?っとかですかね)

あ、そうそうあともう一つ書き忘れてたパターンがあります。それは
この時期特有のローカルならではのパターンなのですが…、毎年
この時期は真夜中から夜明け前に掛けてワカサギ船のトロール漁
が行われ、そのトロール船が通ったルート周辺の杭やストラクチャー
にバスやベイトが着くというパターンです。


ってことで難しい話はこの辺にして、土曜日のプラクティスに話し
を移して行きましょう。

さてさて約2週間ぶりの北浦なので、まずは季節の進行具合の
チェックからスタートです。水温は2週間前が32℃だったのに
対し、この日は29℃前後。この3℃の差で季節感がどう進む
のかが気になる所です。

ってことでパトロール開始!

まず朝一はトロール船のパターン検証です。トロール漁の通
るルート脇の杭にバイズパワーストレート5”の5gヘビダンを投入
すると小さいながらも600gのバスが釣れてくれました。多分朝の
3投目位でしょうか、やっぱりトロールパターンはありましたねぇ(^^♪
とっても幸先の良いスタートです。
a0097491_10383374.jpg



その後はドック石積・水門等を細かく探って行きますが、いまい
ち反応がありません。そこで石積みの近くにある杭にバイズク
ロー2.5”の2.7gジカリグを投入し、引っ掛けながらリグを持ち
上げてくると500gの魚が釣れました。まだ日陰パターンでは
無いのでしょうかね。。。
a0097491_10402195.jpg



朝から杭にサスペンドするバスが居るのが分かったところで今度
はやや沖にある風の当たるボディーウォーターにある岩のハンプ
をラッシュクロー2.8”を使ったヘビキャロで探って行きました。
すると…やっぱり居ました1200gフィッシュ!v(*^_^*)
a0097491_10423643.jpg



そして、ここでデカイのがキャロで釣れるなら…っとエリアを大きく
変え、今度はブレイクラインが複雑に入り組む場所に移動し
ヘビキャロのワームをワンサイズ上げラッシュクロー3.5”に変更。
入り組んだブレイクの先端に落として引きずると…

ゴン!!っとひったくられる様なバイト!しかも勝手にどんどん
沖へ引っ張られるので、これは間違いなくキャットフィッシュだと
思いながら強引にやりとりしていると…1300gのビックフィッシュ
でした。(~_~;)
a0097491_10425189.jpg



こんな感じで杭とハンプ、ブレイクで合計6匹を釣り、しっかりと
した手応えを感じてプラクティスは終了しました。まぁ、普段は
プラの場合ここまで釣っちゃう事はないのですが、実は翌日に
台風が関東を直撃するとの予報だったので、試合が中止に
なる事を想定してガッツリ釣り込んじゃっていたのが本音の所
なのですw。まさか翌日に台風が消えてベタ凪になるとは思
っても居なかったのですよねぇ(~_~;)


で、翌日は朝からベタ凪。今回は後輩君を乗せてペアで
試合に参戦しました。
a0097491_10432143.jpg



まずは杭パターンで湖を半周。有望な杭を片っ端から打ち
まくって800g2匹と400g1匹を8時半までに揃えリミットメイク。
10時まで杭パターンで粘り、その後は風の当たる沖のハンプ
に移動しクランクとヘビキャロをローテーションして、細かい入れ
替えを行い、全部で9匹釣りましたが小さいバスを500gちょっと
までにしか入れ替える事が出来ず、試合終了時刻を迎えました。

結果は3匹2140gをウェイインし、3位入賞でした。
a0097491_10433450.jpg



今回は朝からペースが良かったので、もうちょっと大きいのが
釣れてくれると思っていたのですが、前日の様なデカバスが
入らず惜しい結果となってしまいました。それでも二日間
ともに良く釣れ、収穫も大きかったのでこれで良しとしましょ
うかね\(^o^)/

北浦の今の季節感としては、やや横引き系にも反応が出
始め、これから秋に向かって更に巻物やキャロへの好反応
も良くなり数釣りが期待できると思います。週末の釣行が
更に楽しみになるところですね。

って事で、今回のTake a Breath...はここでおしまい。次回
はもう少し秋の近づいた北浦をご紹介出来ると思います。
お楽しみにぃ(^o^)/
by baitbreath | 2013-09-06 10:44 | Yasu井上Take a Breath

今回は8月11日に行われたNBC北浦チャプターBaitBreath
カップの試合編です。

炎天下の中、外気温は36℃水温も32℃を超え、バスにも
バサーにも非常に厳しい大会となりました。ショア部門31名、
ボート部門からは37名の参加となり、大会は賑わいました。

a0097491_1723375.jpg

ボート部門

a0097491_172315100.jpg

ショア部門

そんな中、僕はと言うと…、Vol.13でも書きましたが3日間
がっつりプラクティスを行ったので、あとは試合でめいっぱい
釣って必ずや上位入賞し、次の最終戦を前に年間優勝を
決めてしまおうと密かに思っておりました。
まぁ、思うだけはタダなので(*^_^*)v

ちなみに前回の試合では年間ポイントを確保すべく、安全
策を取って朝から手堅く行ってしまい微妙な9位フィニッシュ。
試合展開が自分でも腑に落ちなかったので、今回はギリギリ
まで攻め続け、悔いの無い勝負をしようと思っておりました。

狙っていたのは水通しの良いシェードパターンと縦ストラクチャー。
夏の定番ですね。具体的には立地条件が良い葦(水深・水流・
日陰になる場所)。そしてブレイク沿いに立つ杭。

そしてリグは2種類のみ。
葦にはバイズシュリンプ3.5”の5gジカリグ
杭にはバイズパワーストレート5”の5gヘビダン
今の北浦ではこのリグ以外は要らないのでは?って思えるくらい
の鉄板のリグ達です。

そして、釣れない最悪の事態を想定し、坊主のがれとしてシャ
ローの岩場でイナッコを捕食しているキーパーギリギリのバス
を、シャッドで釣るパターンを用意しました。このパターンは非常
にイージーで、朝マズメ時だったら1時間で3本は釣れるチビバス
パターンでした。

ちなみに前回の試合の9位も、実はこのパターンでありました。
ただし、このイナッコパターンは3匹で1kgと魚が小さいのが
難点。もちろん運良く大きなバスが釣れる事もありますが、こ
んな魚を朝から狙っている様では到底他の選手には勝てな
いと思い、守りを切り捨て朝から葦と杭で勝負する事を決意
していました。

ってことで話は試合に戻り、7時過ぎにフライトスタート!
朝一は葦勝負! 本当はもっと太陽が上がりバスがしっかり
葦奥の日陰に入ったタイミングで攻めたい所ですが、条件の
良い葦は早い者勝ち。エリアバッティングも必至なので狙い
の葦に一直線に入ろうとしていると…やはり先行者。。。

そして次に入った葦はノーバイト。確実にバスは居ると思って
いた場所だけにショックも大きく。。。とにかく葦をメインパターン
にどんどん好条件の場所をローテーションして行きますが…、
やはり魚からの反応は無し。 そして今度は杭にパターンを
変更しますが…杭もギルバイトはあるものの、魚からの反応
が少ない状況でした。

時間は刻々と過ぎて行きました。喉から手が出る程シャッドでの
小バス釣りに行きたいのですが、ここは気持ちを抑えて苦しみ
ながらも自分のパターンを信じて北浦本湖をランガン。。。 
で、とうとう11時を周り完全ノーフィッシュ状態。。。自分を信じ
過ぎて裏切られましたw(~_~;)


このままでは、この試合どころか年間の順位すら危ぶまれる
窮地に立たされることに(@_@;)

そして11時半を過ぎ、もう残るパターンは小バスシャッドパタ
ーンしか無く、慌ててキーパーを狙いに行きましたが、既に
プライムタイムの過ぎ去っておりハイプレッシャー状態。それ
でなんとかシャッドで小バス2匹を搾り出し、試合終了となり
ました。

結局2匹を検量し、870gで15位。またまた不甲斐ない結果で
終わってしまい、年間ポイントもギリギリ首位は維持出来たも
のの、2位とは6ポイント差まで、3位とは19ポイント差まで詰め
寄られてしまい、このまま転がり落ちて行きそうな予感たっぷり
な状況なのでございます(;一_一)

おっと、そうそう自分の大会結果だけじゃなく、大会のレポート
もしないといけませんねw。。。

っということで、今回のボート部門で入賞された方達です。
a0097491_17233542.jpg


そして北浦チャプター恒例の幻のお立ち台(ポリバケツ)
6位スンドメ賞
a0097491_17234925.jpg


インタビュアーはBaitBreathサポートプロの竹内俊美プロ(竹G)
あまり釣れなかった様ですので、ふてくされて寝ている訳ではあ
りません(笑) お仕事(インタビュー)頑張ってくださ~い。
a0097491_1724012.jpg



ちなみに、上位のフィッシングパターンはブレイクの杭・水門等・
流れの当たる葦で釣った様で、サマーパターンって感じの定番な
釣りがやはり良かった様でした。
(まぁ僕もやってたんですけどねぇ。。。釣れませんでした(ーー;))
a0097491_17241380.jpg



続いて今回のショア部門で入賞された方達です。
a0097491_17242576.jpg


皆様暑い中BaitBreathカップに参加頂き、誠にありがとうござい
ましたヽ(^o^)丿


ってことで、次回最終戦の北浦チャプターは9月15日開催。
今度こそ泣いても笑っても一年の結果が決まってしまう重要
な試合となります。とにかく次戦に備え、しっかりと練習して
北浦のロコアングラーの一番になりたいと思います。
まぁ思うのはタダなので…(って、また言ってるし(*^_^*))

さて、今回のTake a Breath...はここでおしまい。次回内容は
未定ですが、きっと秋の近づいた北浦でのプラクティス編と
なる予定で~す。季節の進行に如何にシフトして行けるかが
キーとなりそうです。。。 お楽しみにぃ(^o^)/




番外編。。。
チャプター練習と試合を含め4日間の釣行の予定でしたが…
悔しい結果だったので、翌日も北浦へ出船です!

a0097491_17243756.jpg


杭でやっぱり釣れました。。。
うーん、つくづくモッテ無い自分にガックリです(>_<)
ちなみにリグはバイズパワーストレート5”の5gヘビダンです。。。



※北浦チャプターの詳しい結果は下記リンクまでお願いします。
当ブログではJB・NBCのHPより一部写真を転載しております。
http://www.jbnbc.jp/_NBC2013/view_result.php?t_id=570
by baitbreath | 2013-09-02 17:25 | Yasu井上Take a Breath