ブログトップ | ログイン

blog Breath

baitbreath.exblog.jp

ベイトブレスのブログ

<   2013年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

2013年05月26日(日) 福島県 桧原湖にて開催されたチャプター戦
a0097491_1843191.jpg

参加者80人
ウェイン69人と、大変盛り上がった試合になりました。
 
 試合日周辺は連日晴れており、徐々にスポーニングが始まってきたタイミングもあり、
試合当日の天気も曇りのち晴れと午後にかけ水温もあがり、前々日と前日を比べると、徐々にネストが増えてきている様子がありました。

この日のリミットメイク80人中56人。選手の皆さんが続々とグッドサイズを持ち込んできています。
a0097491_18433256.jpg


a0097491_10502345.jpg


a0097491_184864.jpg

優勝は梓沢憲之プロ。3,594g 3匹(ラージ含む)
釣り方:場所は金山、糠塚島 ネスト
ジグヘッドワッキー ベイトブレスヴェイン5.5インチ
テキサスリグ ベイトブレスフィッシュテール4.5インチ
でした。梓沢憲之プロおめでとうございます!!

a0097491_18412156.jpg


桧原湖は景色もよく魚も沢山!最高でした!!
是非、桧原湖へ釣りに出かけてみてはいかがでしょうか。
a0097491_19324613.jpg

a0097491_19314873.jpg

by baitbreath | 2013-05-27 19:55 | TOURNAMENTREPORT
『今年も、100%』

5月26日(日)に和歌山県の七川ダムで開催された、和歌山チャプター第2戦ベイトブレスCUPに
昨年に引き続き、行ってきました。
a0097491_1283815.jpg


天気はいいですが、風が吹いてます。

昨年は全選手がウエイインするという釣れっぷり!今年もそこは問題ないということ。
僅差でのあらそいになりそうな予感です。
a0097491_12111088.jpg

a0097491_1211206.jpg


そして、ウエイイン。やっぱり全選手魚を持ち込んできました。
今回は、ウエイト3kgを超えた方のみ写真撮影!
a0097491_1215310.jpg


a0097491_12152062.jpg

そして、優勝は唯一4kg代を持ち込んだ、石戸選手!!おめでとうございます!

a0097491_1217199.jpg

こちらの表彰式はいつも賑やかです。会長をはじめお笑い芸人顔負けの持ちネタ連発。
この雰囲気が和歌山チャプターの魅力のひとつ?でも、なかなか前にすすまな~い(笑)
a0097491_12172955.jpg


ということで、無事に大会も終了しました。

本州最南端にあるリザーバー、魚の濃さは凄いですねぇ。
レンタルボートもありますので、ぜひ行ってみてください。

詳しい成績に関しましては、JB/NBCのホームページを参照ください。

by 西の営業マン
by baitbreath | 2013-05-27 12:31 | TOURNAMENTREPORT
Yasu井上のTake a Breath...
WBSトーナメントリポート(プリプラ編)の続きです。。。

GWの翌週のプリプラクティスは北浦のクラブトーナメント参加により
トーナメントエリアである霞ヶ浦へ行く事はありませんでした。
しかし同様の湖と言うこともあり、霞ヶ浦の試合を想定しての参戦
となりました。

北浦のこの時期の産卵後のバスの行動は、大きく分けて2パターン。
シャローにある障害物や杭、ストラクチャーに着く傾向が高いバスと、
沖の岩盤やブレイクで回復を待つバスを狙うパターンです。

この日は大潮がちょうど終わった翌々日となり、北浦のプリとアフターの
状況変化が非常に気になる大会でもありました。

狙った場所は湖岸から約2km沖に点在するゴロタ帯と、恐らく震災
で隆起した水中の岩盤地帯。去年発見してから色々と調査したところ、
この時期プリとアフターが混在するポイントと言うことが分り、まさに沖の
コンタクトポイントとなっている場所です。

今回は友人に同船して頂き、大昔に流行った沖パターンがピンポイント
で復活している事を体感してもらおうと、試合にお誘いしました。

そして試合開始。
今回用意した沖パターンの場所は7箇所。
使用リグはパワーストレート5”の5gヘビダンとクランクのワイルドハンチ。
そしてバイズシュリンプ3.5”の5gキャロライナリグ。

朝一番に入ったポイントで手替え品替えしてもまさかのノーバイト。
ここはずっと釣れ続いている場所なだけにショック大でした(>_<)

そしてそのすぐ横50mにある岩盤でパワーストレートのヘビダンを
ハングオフしていると…ココッっと言うバイトがあり、ミッドスポーンっぽい
バスがヒット。とりあえず900gゲットです!

ホッとするも後が続かず移動を何度も繰り返し、再度朝一に入って釣れな
かった場所に戻ろうとした時、以前その場所をガイドしてあげた友人が目前
で入ってしまう予想外の展開w。しかたなく僕が朝に一匹釣った場所で待機
しながら釣りをしていると…。

そよ風がそのエリアに当たり出して、何だか良いムードなってきました。
急にギルアタリも出始めたので、そろそろ釣れるかも???
っと思ってたら…、

隣りの友人のチームがヒット!しかもデカイ!っと思ったらバラシ。。。(残念)
でもまたすぐにヒット!今度もデカイ!
って感じでいきなり連チャンモードに突入!最大1800g・1200g・1500g
っと目の前でボッコボコにやられてしまいました。

目の前であまりにも連チャンするので…メンタルも完全崩壊。ペースを戻す
ために移動を決意。(後で聞いたら10本近く釣ったとかwww)

僕らは沖の各所を繰り返し回って、最後に友人が800gを追加しましたが
時間切れ2匹でゲームオーバー。

3匹リミットの試合で、優勝は沖のポイントでバッティングした友人が
4500gのブッチギリ優勝でした!


僕のチームは2本1700gをウェイインし4位入賞。

a0097491_11394918.jpg


本当はこの沖のパターン、僕がブッチギリ優勝して実証しようと数年間温めて
来たエリアだったのですが…まさか先に友人にやられちゃうとは(笑)

でも優勝コメントで、ハッと気が付いた事がひとつありました。優勝チームは
全てロングビルのシャッドで釣っていた事なんです。それも全部ヒレに大きな
ダメージのあるポストスポーンのビックバス。

前週までヘビダンやクランクでヒレピンの1200gとか1400gとかのプリス
ポーンバスを釣ってはいたのですが。。。大潮通過でプリの大半がその
エリアから抜け出てしまい、逆に春の第一陣と思われるどアフターでワーム
すら興味を示さないデカバスがこのエリアに居たんだと試合後に気付きました。

どアフター対策でシャッドをスローに引いて岩に当ててスローにヒラ打ちさせる。
そんなパターンで、へそ曲がりなビックバスを見事に連発させていた友人に完敗
でした。まさかこんなパターンが存在するとは思ってもいませんでした。沖のパタ
ーンは未知なる部分が多いので、こういった引き出しの多さが勝敗を左右する
んですねぇ。トホホ。。。それにしても凄い優勝劇でしたヽ(^o^)丿
くぅ~羨ましいです。。。(>_<)

がしかーし、転んでもタダじゃ起きないのが僕の真骨頂!
沖のハードボトムでのシャッドパターン。これWBSの霞戦で使えそうなので、
友人から詳細な釣り方を教わりましたよぉ~www 良い物は積極的に
取り入れて自分のモノにしなきゃね。(*^_^*)

ってことで、今回はココまでです。

次回のTake a Breath...はWBS前プラ&試合編に続きま~す。。。
by baitbreath | 2013-05-24 11:40 | Yasu井上Take a Breath
Yasu井上のTake a Breath
第二回目は、5/18・19日に行われたWBSトーナメントリポートです。
今回は話がな長くなりそうなので、二部に分けてアップして行こうと思います。

ではまずゴールデンウィークに行ったプリプラクティス編を書きたいと思います。
プリプラはGWの全日程を使って行うことにしました。しかしこのGWって言うの
が、この地方では少々厄介な時期なのです。。。

なぜ厄介かと言うと、この時期は田植えシーズンを前に田んぼに水を入れ
る為、田んぼから逆流した農薬を含む水(代掻き)が流入河川から湖に
流れ込み、河口一帯がババ濁り&農薬ショック状態なって極端な食い渋
りが発生するのです。(>_<)

じゃ、なぜGWに田植えなのか?っと言うと僕が聞いた話では…、
過疎化が進む昨今の農家では、実家を出て県外で働いている親族がGW
に戻ってきて、田植えの手伝いをするからなんだそうです。田植えって大変な
作業ですから、代掻きで釣れなくても文句は言えないですね。農業を営ん
でいる皆様、毎年美味しいお米をいつも有り難うございます(~_~;)。

まぁ、話しは脱線しましたが、とにかくこの代掻きは湖に相当なダメージを与え
ます。この時期の湖岸には多くの魚の死骸が浮き、大きいのも小さいのも魚種
を問わず死んでいます。それだけ強い薬なんでしょうねきっと(*_*;

ってことで、GWはあえて霞ヶ浦本湖を二日間掛けて試釣を行い、代掻きと
大幅な減水の影響がどれぐらいあるのかを確認して行きました。

結果は二日間バスを確認する事は出来ませんでした(ToT)

そして僕なりに出した答えは。。。
本戦では食い渋る霞ヶ浦本湖を切り捨てる事。そしてもし本湖をやる場合は
回復の早い(水の中和の早い)沖のパターン、もしくは小規模河川よりも水の
多い大きな河川を攻めるのが良いと判断し、GW後半のプラクティスは場所や
攻め方を大幅に変更して行う事にしました。

そして、GW後半プリプラスタート。
今回は友人が来ていたので、プラクティスの手伝いもしてもらい、代掻きの影響
の少ない常陸利根川の岸沿いのハードボトムを攻めると…1000g、1300g、800g
とヒレピンでブリブリなプリスポーンバスが立て続けにヒット!その他も合せて5本で
楽勝5kg越え!代掻きの影響が薄いエリアでのパターンを確信しました。
a0097491_14103053.jpg



そして、翌日はそのパターンの検証で北利根川に行き、この時期に刺すであろう
葦にバイズシュリンプ3.5”とヴァーチャルクロー3.6”の5gテキサスを交互に打って
行くと…。ポンポン釣れるんですわコレがっ!僅か50mのストレッチで5バイト。
あまりの釣れっぷりに、もうココはキーパー場所に確定!しかも岸釣りの方も、この
場所で小一時間で4本釣ったとの事。。。他の選手に見られたくなかったのもあり、
ココは早々に移動です。。。
a0097491_14104785.jpg

a0097491_14111027.jpg


北利根川の他のエリアでも反応を見たところ、釣れる場所=水の良いエリア。
型は700g~1kgくらいですが、部分的に魚が極端に群れている感じがありました。
川は綺麗な水と汚い水が帯状に流れ、そして更に汚い水は風によって風下の岸に
打ち寄せられるので、そういった汚い場所を出来るだけ避けるのが好釣果に繋がる
ヒントになるのではと感じた次第です。

そこそこな手応えを得たGWのプリプラとなりましたが、残り2週間後に迫る試合の為、
得たヒントを確信に変えるべく練習はまだまだ続きます。。。


っとココまで書いたところで…そろそろお時間となりました。
次号は前日プラクティスと試合を振り返ってみたいと思っております。。。
(つづく…)
by baitbreath | 2013-05-23 14:11 | Yasu井上Take a Breath
「あまちゃん」ブームに沸く岩手の東谷です。



ここ数日、春らしい陽気が続いている岩手。

先週に引き続き、ボートロックへ行ってまいりました。



釣行当日5/19は久々のベタ凪ということもあり外洋へ。



リアス式の断崖絶壁が連なる崖から15m離れたボートポジションで

水深30mから40mというとても急深なエリアへ。



例年ですと、シャローに上がる為に深場から上がってきたアイナメがストック

されるエリアです。



今シーズンは例年に比べ水温が2℃ほど低く、いまだにタラが爆釣していると

いう状況でアイナメのシャローへの移動も遅れ気味。しかし、釣り始めてみると

春のセオリー通りベイトの集まる潮通しの良い岬周りやサラシの効いたポイントを

打つとすぐに答えがかえってきました。



水深20mまで一段一段、階段状の地形に添って落とし込んで行くと『ガツーンッ』と

ナイスバイト!そして、春のアイナメの特徴でもあるパワフルなファイト

が我々に至福の時をもたらしてくれました。





同船した釣り仲間も「3“ベタンコカーリー」で50cmオーバーを含む40後半を

カラーを変えながらスイミングやリフト&フォールなどのアクションで釣り上げていきます。

ベタンコカーリーにはパターンは関係なく、どのカラーでも、

どのアクションでも釣れちゃいます^^


a0097491_1091019.jpg

a0097491_10103137.jpg

a0097491_1014126.jpg

a0097491_1015472.jpg

a0097491_10172049.jpg

a0097491_10175651.jpg

a0097491_102039100.jpg

a0097491_10274847.jpg

a0097491_10282774.jpg



さらには、昨年発売されたChibaさん肝入りの「バーチャルクロー3.6」も絶好調‼

1個のバーチャルで3匹連発なんてことも‼


a0097491_10292299.jpg

a0097491_10403745.jpg

a0097491_10475943.jpg
a0097491_104934.jpg



実釣3時間。船中4人で25匹くらい釣り上げ全てが40UP。

さらには、50upが4匹、アベレージが45cm以上と恵まれた釣果に。





ただ、心残りなのが発売間近の「スリムシャッド」がテストできなかった

ことですが…まぁ、楽しみは次回にということで^^





ご覧の皆様、岩手も春のロックシーズンスタートです。

ベタンコカーリー・シャッド、そしてバーチャルクローをバックに忍ばせ

是非フィールドへ!きっと好釣果をもたらしてくれるはずです。









ここからはイベント案内記事です。









―――――イベントご案内―――――

この場をお借りしてイベントのご案内をさせていただきます。



来る6月 日 岩手県宮古市の浄土ケ浜において

「集まれ浄土ケ浜 VOL.2」というイベントが開催されます。

大会・各メーカーブース・プロアングラーによるトークショーなど

盛りだくさんの内容となっております。

皆様のご参加お待ちしております。



a0097491_1056192.jpg






以下、大会本部告知より





『集まれ浄土ヶ浜 Vol.2』 開催告知!!



昨年度12月9日前日の天災発生により急遽中止となりました、第二回集まれ浄土ヶ浜!リベンジ開催させていただくことになりました。

釣り大会は勿論のこと、釣り具メーカー様によるミニ展示ブース。プロアングラーによるトークショー。大会参加の方も一般来場の方も楽しめるイベント開催を企画しております。

随時ゲスト発表、追加事項等告知していきますので、ご来場いただける皆様と一緒に盛り上げ、素敵な思い出を作れる様実行委員一同務めさせていただきます。



日程及び開催内容は下記の通りです。当日はマリンハウス会場内に車両進入できませんのでご注意下さい。

開催日2013年6月16日(日)浄土ヶ浜マリンハウス会場

イベントの部10:00~15:00 一般入場開始は10:00からです。是非ともこの機会に、浄土ヶ浜名所 青の洞窟もご観覧くださいませ!!





釣り大会 *今回2部門開催いたしますのでお好みに合わせお申込みください。



1部★岩手県内ガチンコランガン(岸釣り)の部。*岩手県内車での移動可。定員150名。浄土ヶ浜湾内釣り禁止

ガチンコトーナメント参加希望の方向け

(時間)5:00受付開始。6:00ミーティング終了後スタート。帰着13:00

(受付、表彰場所)浄土ヶ浜マリンハウス会場内。検量(リリース場所含)帰着は他指定場所あり、車にて乗り入れができる場所*ミーティング時発表いたします。

(競技方法、参加資格)年齢、性別問わず*中学生以下は18歳以上の引率者が必要。時間内に釣れた対象魚種3匹(生魚)の総重量で競います。(同重量の場合は検量先着順とします)対象魚種(アイナメ、ソイ) 釣方(ルアー釣方のみ)バッカン、クーラー、エアレーター等をご使用いただき大切に魚を扱い、生魚持込検量後リリースいたします 。各自のウエイト判断で検量場所担当者には三本のみ持ち込んで下さい。死魚判定は検量時エラ、ヒレが動いているもの。完全死魚は対象外となります。検量成立後リリース時は自力で帰れるか再度確認いたします。もし弱っていた場合等、各自大切にお持ち帰り下さい。



(参加料)一人2000円(年齢、性別同)当日受付時払い



2部★浄土ヶ浜湾内の部。定員50名

主にファミリー、子供向けも含めたお楽しみ釣り大会。勿論ガチンコ参加もOK!競技エリアは浄土ヶ浜湾内のみです。

(時間)6:00受付開始。7:00ミーティング終了後スタート。帰着12:00

(受付、表彰場所)浄土ヶ浜マリンハウス会場内、検量、帰着同場所

(競技方法、参加資格)年齢、性別問わず*中学生以下は18歳以上の引率者が必要。時間内に釣れた対象魚種1匹の全長で競います。(同寸の場合は検量先着順とします)対象魚種(アイナメ、ソイ、カレイ、カジカ類、ハゼ類) エサ、ルアー釣方問わず。死魚判定せず。検量後のお魚は各自の判断でリリースもしくは大切にお持ち帰り下さい。

(参加料)一人1000円(年齢、性別同)当日受付時払い



(参加申込方法)各部ともメールにて事前受付のみ。希望参加部1部か2部、住所、氏名、年齢、連絡先、性別をご連絡お願いいたします。募集期間5/10~5/末まで(注意!募集定員になり次第締切とさせていただきますので必ずお申し込み事前にHPにて締切確認お願いいたします。)

申込、問合先メールアドレス  atumare_zyoudogahama@yahoo.co.jp

お申込みいただきましたら、受付完了返信させていただきます。受信拒否されている場合があり、ご確認できない場合はご了承くださいませ。基本定員前であれば受付完了となっています。

*18歳未満の方は保護者様よりお申込みお願い致します。保護者様氏名、自宅連絡先もお願いいたします。

*複数人代表者様でのお申込みでも可能ですが、各参加者様の申込事項も必ずご連絡お願いいたします。緊急連絡先が統一できない場合は連絡先電話番号もお願いいたします。



注意、天災、荒天時急遽大会中止となる場合はHP上にて告知、お申込み先メールアドレスへ連絡のみさせていただきます。PCアドレスにてお申込みの際はランダムに確認できないケースがあるかと思いますがご了承お願いいたします。ご出発前等ご確認お願いいたします。



(参加規約)

1、 釣行時のライフジャケット着用。(転倒時ケガ防止の為、体を保護できるライフジャケット着用をお勧めいたします。規制ではありません)

2、 二人以上での行動。

3、 ウエーディング、ボート、フローターでの釣りは禁止。

4、 立入禁止場所への侵入、違法駐車などは禁止です。マナーを守り行動されて下さい。

5、 釣行は個人の意思であり、釣り場、移動時、駐車時等の事故、負傷、クレーム等おきましても大会運営側では責任を負いません。特に危険箇所での無理な釣行もしないで下さい。釣場へ入る際は各自避難経路のご確認も行って下さい。

6、 大会での撮影写真、表彰者名が各雑誌web、TV、新聞等にて掲載させていただく場合がございます。掲載がご了承いただけない場合は事前に運営事務局までご連絡お願いいたします。

7、 天災、荒天時は大会中止となる場合がございます。前日までに明らかに中止判断がなされた場合は申し込み時のアドレスへ連絡、HP上で告知いたします。

8、 釣り人としてのマナーを守り行動をお願いいたします。

9、天災発生時等の情報収集の為携帯ラジオ等ご持参ください。





<追加事項等随時浄土ヶ浜マリンハウスHPにて随時告知いたします>



沢山の皆様のお越しを心よりお待ちしております。集まれ浄土ヶ浜実行委員一同





―――――追加告知―――――



『集まれ浄土ヶ浜!』釣り大会追加部門決定です!



この先の資源保護のお声もあり、ガチンコランガンの部(1部)は生魚三本の勝負でしたが、参加するにあたって

事前準備が難しく、大会参加を断念されているお声を沢山いただきました。



そこで第3部追加告知です!



初回同様、県内ランガン全長一本勝負!(アイナメ、ソイ対象にて死魚判定せず)

参加資格、規約は1部と同じです。ただし検量、帰着場所は浄土ヶ浜マリンハウス会場になります。



お持ち込みいただきました、お魚については大会ミーティング時説明させて頂きます。





すでに1部、2部にてお申し込み頂いております皆様も定員前でありましたら3部変更可能ですので。ご連絡下さいませ。



定員数

1部75名

2部50名

3部75名





継続1部参加皆様の入賞は勿論それなりです。ご期待下さい♪かといって2部3部も悪くないでご安心を♪



1部でパターンとキャッチされた魚の重量駆引きされ、トーナメントを満喫されるのも良し♪2部で浄土ヶ浜を存分に満喫されるのも良し♪3部で存分に日頃の練習成果を発揮され、今後のガチンコトーナメントに向けて準備されていくのもOKです。



沢山の皆様にお越しいただき釣りを通じ触れ合い、そして宮古市、三陸、各業界の活性化につなげられたらと思い新部門追加させていただきました。



今年も皆様の釣りパワーで盛り上げましょう!宜しくお願いいたします。



集まれ浄土ヶ浜の告知拡散にご協力願います。
by baitbreath | 2013-05-22 10:58 | SALTWATERFISHINGBLOG
こんにちはYasu井上です。以前は北浦の井上ですって書き出しで
したが…、これからはこの名前で参りますぅ(^^♪


っということで、まずは「Take a Breath」というblogタイトルの
説明からですが…。
{とりあえず一息入れて、そして気楽に行こう~}って意味合い
でネーミングしてみました。

釣果に拘るのも大切ですが、自然相手のスポーツでもあり、
たとえ優れた釣り人でも上手く釣れない時だってあります。
ですから単に釣果報告だけではなく、釣れなくて苦しい時の
気持ち、魚に出逢えた時の喜びや感動、そして最新のトーナ
メント情報や僕の知り得る北浦でのテクニックなどをこのblog
を通して皆さんと共有していく事が出来たら…と思っております。

っと、さっそく緊張からか、堅苦しい冒頭のご挨拶となりましたが
今までどおり、皆様が気楽で一息できる様な…そんな楽しく
て笑えるコラムにして行きますので、どうぞ宜しくお願い申し上
げます。


さて、記念すべき第一回の本題となります。

「僕とBaiteBreathとの出逢い。。。」

とある一匹のバスが僕とBaitBreathとを結んでくれました。
それは遡ること5年前に京都の社員旅行に行った時のこと。。。

市内観光で立ち寄った銀閣寺にて何故か?護摩に書いた文字は
「ロクマル祈願!!」
a0097491_15545695.jpg


そしてその晩に泊まる予定だったビジネスホテルを一人抜け出し、
隠し持っていたロッドとタックルボックスを両手に最終電車とタクシー
を乗り継ぎ、真夜中に琵琶湖湖畔に到着。

雨の降る中、朝まで野宿。そして早朝よりレンタルボートに乗り込み
生まれて初めて琵琶湖に出船っとなりましたwww。

1/2ozラバージグにバイズクロー4.5”を葦の手前に生えるウィード
に打ち始めること30分。。。。

フォールしたジグにコッコっという微かなバイト!
反射的に電撃フッキングw(最近聞かないかなぁ…(~_~;))
そしてフッキングが決まった直後から猛烈な突っ込み!

こりゃデカイ!!

ラインは北浦で使っていた8lbのまま。MHのロッドは根元まで
ブチ曲がり、今まで味わったことの無い突っ込みを必死にこら
えながらエレキで障害物のない沖へ誘導。。。

ランディングネットも持ってないので…気合のハンドランディングw

銀閣寺の祈願が効いたのか?バイズクローが効いたのか?
もちろんバイズクローが効いたのは言うまでもありませんがぁ…(~_~;)
開始30分で4kgオーバー63cmのモンスターバスGETでした。

a0097491_15552611.jpg


北浦での自己最高記録55cmを遥かに上回るロクマルマァン
スターを釣ってしまい手足もガタガタ振るえ、結局その日は
釣りにならず、すぐに帰港し夕方には社員旅行に合流して
おりました(笑)

ってことで話しは現在へ戻りますが…

そんなお話しを北浦へ来ていたベイトブレスの営業さんにお話し
したのがきっかけとなり、いつしかここでblogを書くようになりました。。。

あの一匹のバスが僕とBaitBreathさんを結んでくれて…、
あのバイズクローが僕の釣り人生に大きな転機を与えてくれました。

そしてこれからもBaitBreathのルアーと共にバスフィッシングの
楽しさを伝えて参りたいと思います。

Take aBreath... どうぞ宜しくお願いします。ヽ(^o^)丿
a0097491_15565489.jpg

by baitbreath | 2013-05-16 16:00 | Yasu井上Take a Breath
ナイスサイズを求めて、そろそろシャローに入ってないかと

降りた磯場


しかし、大槌町吉里吉里四十八坂の磯場不発に終わり・・・

夕方、吉里吉里漁港からテル君と仲良く出船w
例年この時期実績の高ポイントに入りましたが、魚の気配無し・・・・
まだ30mとか深いのかと?
そうは二人とも思うが、南の風がやや強く急深側の根回りに入れず
10m内のシャローを打ち続け、ベタンコslimSHAD(プロト)
を使用したテルくんに一匹
a0097491_11591914.jpg

その後またしてもベタンコslimSHADを使用した

テル君が大きく合わせる、

大きく弧を描くロッドに間違いなくビックサイズ!

しかし、根に捲かれてしまい痛恨のミス orz

その後遅れながらも、バグズィー3.5inch 1/2oz スイミングで
僕にも一匹釣ることが出来たw
a0097491_11594395.jpg

やはり今年はまだ水温が低く、なかなか浅い所に魚が入ってない
って感じでしたが、そろそろ少しづつエサを求め魚達が浅い所にも
日に日に入って行く事でしょう。
岸からでも、魚の入りやすい場所さえ見つけられれば
きっと、良い釣りが出来るはずと思いますが!?
昨年末から続く、my 不の境地を脱せる事が出来たのか?
あははw
by baitbreath | 2013-05-16 11:59 | SALTWATERFISHINGBLOG
a0097491_940738.jpg

大会2日目曇り空でのスタートでした。
モリゾー選手は昨日と同じエリアでスタート。
僕がついた際には既に2本ライブウェルに入っていた様です。
a0097491_9485150.jpg

バイズシュリンプを丁寧に打ち込んでいる様です。
それにしても増水して本当にルアーが入れづらそう。
それでもモリゾー選手はきっちりと入れていましたけど。
a0097491_9571017.jpg

そしてフィッシュオン!!
この木から引きずり出すのもちょっと苦労しているみたいです。
もう少し水がひいているとルアーを入れるのも
魚を引きずり出すのも楽なんでしょうね。
a0097491_959174.jpg

3本目はメジャーで測るくらいのサイズでしたが
それでもライブウェルに入っていきました。
後2本!ビッグママを混ぜて!
a0097491_1011911.jpg

ウエイインの会場に戻ってきたモリゾー選手。
5本は揃ったけれど昨日ほどではないということ。
30分前、10分前にそれぞれライブウェルに入った魚もいたそうです。
11ポンド13オンスを持ち込んだモリゾー選手は
合計24ポンド11オンスで惜しくも55位。
わずか7オンスの差で準決勝進出ならず、、、。
これで第5戦が終了。
残りは6月と8月にアメリカ北部の州で開催されます。
by baitbreath | 2013-05-11 10:06 | 清水盛三 In U.S.A.
こんにちは、プロスタッフの井上です。
このところトーナメントシーズンも本格化し、湖に出る事が
多く、ベイトブレスの春の新製品を使って良い釣果を得て
いるので、インプレッションを書いてみようと思います。
a0097491_12411989.jpg



まずはバイズシュリンプ3.5”から。
a0097491_12445229.jpg

a0097491_12551248.jpg



これはもうジャスト北浦サイズと言っても過言ではありませんね。
待っていましたこのサイズ!っていうくらいお気に入りのワームです。
形も今まで存在し得なかった様なフォルムで、まだスローなバスも
初めて見たこのルアーにイチコロです!リグはテキサスを基本とし
ますが、ヘビダンでも良い反応を得ています。

葦際を5gテキサスリグにて
a0097491_12453092.jpg


杭を5gヘビーダウンショットにて
a0097491_12454366.jpg


お次はロックフィッシュをメインに開発されたヴァーチャルクロー3.6”
a0097491_12455785.jpg


これも非常にイケております。ボリューム感、そして水を噛むリブ、
更にフックポイントがセットし易いスリット。更に吸い込みと違和感を
与えない絶妙なボディの柔らかさ。どれをとっても非常に良い仕上
がりとなっているクロー系ワームです。
是非バス釣りでも使用してみてください。バスが本気食いしますよ!!

5gテキサスリグにて
a0097491_12461435.jpg


そして、僕の一番のお勧めはコレ!
バイズパワーストレート5”です。
a0097491_12462924.jpg


ジグヘッドでの使用はもちろんの事、北浦霞ヶ浦水系での使用
ではヘビーダウンショットが超お勧めです。

昨年のWBS北浦戦でも初日トップウェイトをマークした時に使用
していたストレートワームです。5gヘビダンを基本とし、ブレイクや岩
のハンプをズル引くと面白い様に食ってきます。この釣果は正直誰も
が驚くほどの釣れっぷりです。フォール時は特殊形状のテールに水を
受けてダート。そしてハングオフさせた時のボディーがクネっとなった時に
後からテールが追いついてくる様な艶かしい動きがバスのバイトを誘発
します。今年も既にこのパターンでビックバスを含む多くのバスを仕留め
ております。

3.5mに沈むイケス跡5gヘビダンにて
a0097491_12464655.jpg


2m岩のハンプ5gヘビダンにて
a0097491_12472066.jpg



って感じで、ざっとインプレッションを書きましたが、使い方はお好み次第。
とにかくこの春デビューの新作ルアーは完全一軍確定なルアーばかりです。
ぜひ店頭で商品を手にとってみて、そしてフィールドに出て使ってみてください。
なぜこのルアー達が良く釣れるのか、バスが答えを出してくれるハズです!

Reported by Y.Inoue
by baitbreath | 2013-05-10 12:50 | Yasu井上Take a Breath
a0097491_904388.jpg

バスマスターエリートシリーズ第5戦
アラバマ州のモントゴメリーを流れる
アラバマリバーです。
最近の大雨で川は大増水。
予定の場所からテイクオフできず
場所を変更しての開催となりました。
a0097491_943199.jpg

スタートから程よく近いエリアでモリゾー選手を発見。
近くにはあのバス釣りの神様リッククランもいました。
大増水して木の周りもルアーを入れづらそうです。
a0097491_9463189.jpg

張り付いてすぐにフィッシュオン!
残念ながらこの魚はランディングできず、、、。
それでも釣り続けます。
a0097491_9483281.jpg

この木の周りを釣っているわけですが
あちらこちらにあって気がつくとすぐに裏側に。
木の向こう側に微かに見えるモリゾー選手。
すぐに1本足してそれが2匹目。
3本目もライブウェルに入っていきました。
a0097491_951195.jpg

しばらくして同じエリア内での小移動。
しばらく張り付いていたのですが
どうもタイミングがなかなか合わない模様。
近くにいたリッククランを少し覗きに行って
そのまま他の選手の取材に移動しました。
僕が離れる際に3本。なんとかリミットメイクで戻ってきて欲しいですね。
a0097491_953777.jpg

ウエイインに戻ってきたモリゾー選手。
5本もって帰ってきました。
12ポンド14オンスで49位タイ。
まぁかなり団子状態なので明日もまずはリミットメイク。
そしてナイスワンを混ぜてのウエイインに期待しましょう!
by baitbreath | 2013-05-10 09:54 | 清水盛三 In U.S.A.