ブログトップ | ログイン

blog Breath

baitbreath.exblog.jp

ベイトブレスのブログ

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

9月24日ハーツマリンMORIZO CUP

行って来ましたモリゾーCUP。これは茨城県常陸利根川沿いにある
ハーツマリンさんで毎年行われるバスボート一艇単位で行われる
オープン大会で、一般アングラーがバスプロ清水盛三プロとのガチンコ
勝負が出来る恒例イベントです。

朝から季節はずれの冷たい雨の降りしきる常陸利根川のマリーナに
集まったバサーは約30組。

豪雨にもへこたれず、やる域満々の参加者達。
それを真っ向から受けて立つ盛三プロ。若干二日酔い気味ながら
朝からただならぬオーラを発しておりました。
a0097491_9365486.jpg


そして豪雨の中、試合開始!
エリアは霞・利根川水系。
北浦・霞ヶ浦・常陸利根川・外浪逆浦・・・。
それぞれの参加者は思い思いの場所へと散っていく。。。

日中は全く太陽も見えず、曇り時々豪雨。。。。
残念ながらカメラが防水ではないので写真はありませんがぁwww
気温も全く上がらず外気温は22℃くらい。
季節外れの悪天候に僕のバックシートに乗った友人は朝からパンツ
までビショビショで一日中凍えてました(@_@;)

外気温とともに下がった水温。そして食い渋り。
そしていかにそれを攻略するかがキモとなった今大会となりました。。。。

午後1時にいよいよウェイイン開始!

ちょうど私の後に盛三プロ&竹Gプロのウェイインでした。
盛三プロが「今現在のビックフィッシュは何グラム???」っとオフィシャルに聞くと…

「1200gくらい」との返答。

「イケるかも…」っと盛三プロ。

釣果は一本ながら、やってくれました盛三プロ。
1510gの見事なビックバスをウェイイン。
やっぱり凄いですねぇ~。霞のモンスターを持ち込んでくれました。
見事にビックフィッシュ賞獲得!
a0097491_937881.jpg


ちなみに私は友人と参加で、ハードボトムをバイズクローポートリー3”のヘビキャロで1発
ワイルドハンチで3発、スピナベで1発出しましたが、バラシ多発で結局2本で1950g
をウェインし、10位でフィニッシュでした(^_^;) 

優勝は榎本さんで、去年に続き優勝との事です。
ワイルドハンチで北浦・外浪逆浦を攻め、十数本を掛け、5本3300gを持ち込み、
見事に優勝となりました。おめでとうございます。
a0097491_9372370.jpg


上位入賞の皆さんです。
a0097491_9373655.jpg




協賛メーカーも、ベイトブレス、サンライン、がまかつ、ダイワその他モリゾーファンに
はたまらない賞品も盛りだくさんで、試合後はみんなで仲良くBBQ。
a0097491_9374922.jpg


温かいモツ煮込みに焼肉&ステーキ。。。帰りの運転が無かったら間違いなく
ビールが欲しいところ(笑)う~んステーキ素敵!!
a0097491_938158.jpg


TOP50 ベイトブレス小林プロも協賛&スタッフで参加。
a0097491_9381290.jpg



参加してなきゃ絶対聞けない盛三プロの貴重なトークもあり、
大雨な天気とは反対に笑顔が溢れるとっても楽しい大会となりました。
a0097491_9382677.jpg


Reported by Y.Inoue
by baitbreath | 2012-09-25 09:40 | TOURNAMENTREPORT
井上です。
いやぁ~blogで良い試合の報告をしたいのですが…今年の後半はなかなか良い結果を
出せなくて…ちょっと凹んでおります(^_^;)

WBS最終戦も魚は二日間で20本近く釣っているのですが、狙っている場所は
良かったもののタイミングを合わせられず、ギリギリのノンキーパーのラッシュに見舞われ、
時間を変えて入った後続の選手に狙っていた魚を釣られる事に。。。
写真は最終戦でウェイインしたバスです。
a0097491_13203860.jpg


WBSでは中盤までは好調で年間ランク5位まで浮上しましたが、後半に掛け
練習すればするほどプラクティスでは好調なものの、試合では力を出し切れず
転落の一方で、去年年間6位でフィニッシュしたWBS、しかし今年は32位まで転落し、
今年はクラシック出場権を逃してしまいました。
いい時もあれば悪い時もある。来年こそはもっともっと今やっている自分の
スタイルを煮詰め、ベイトブレスの素晴らしいルアーを使い、来年こそもっと良い
成績を残せればと思っております。



さて、ここ最近から秋本番にかけての北浦霞ヶ浦事情をちょっと書いてみたいと思います。

これからの時期は浚渫のハードボトムやリップラップ、石積み等にバスが着く傾向が強くなります。
一気に横の動きに高反応を示す時期でもあり、クランクベイトやバイブレーション等の
ファーストムービング系のルアーが好調となります。

お勧めは中層の高速引き。ボトムノックをさせるのではなく、途中の岩盤等が隆起して
いる部分にたまにルアーがヒットしてヒラ打ちする程度が良い様に思います。
そして更に大きめのボラの回遊がキモとなります。バスはボラを捕食するわけではありま
せんが、どうやらボラがそのエリアに入ってくると何かしらのスイッチを入れてくれる様です。

お勧めのルアーは盛三プロのプロデュースしたワイルドハンチ(ノーマルとSRを水深で使い分け)。
ご存知の方も多いとは思いますが、過去のBasserオールスタークラシックで炸裂したパターンですね。
盛三プロの「12時までゼロやったんでぇ~」って言葉がとても印象的で、試合後半にシャローフラットを
控えた沖の浚渫のエリアでクオリティフィッシュの大連発は圧巻でした。

そして横の動きでも反応してこないバスをBYSクローポートリー3”のキャロライナリグ、
BYSパワーストレートのヘビダン(5g~7g)等のボトムズル引きで食わせていきます。

がしかし、秋には切っても切れないのは台風の存在です。台風が通過した時、荒れた湖では
一気にバスたちは口を使わなくなります。そんな時こそスローな釣りが重要となります。

そんなタフった時は、オダや杭をじっくり丁寧に打って行く事が釣果へと繋がるように思います。
使用するルアーはダウンショットではフィッシュカーリー・モシャ藻蝦・フィッシュテールシャッド。
ヴェイン5.5のネコリグ。という様にテールやボディに動きのある食わせ重視のリグを投入して
いくのが効果的です。

これからの季節はバスがより集団で捕食をするので、バスの群れを見つけられれば
ラッシュに入る可能性もあります。天候や風を読んで、答えを見つけられた時はまさに
至福の時を過ごす事が出来ると思います。これからはバスフィッシングにとってベストシーズン
となります。皆様ぜひフィールドに足を運んでみては如何でしょうか。
by baitbreath | 2012-09-20 13:21 | Yasu井上Take a Breath
日本への帰国前日に一言いただきました。


by baitbreath | 2012-09-17 01:56 | 清水盛三 In U.S.A.