ブログトップ | ログイン

blog Breath

baitbreath.exblog.jp

ベイトブレスのブログ

<   2010年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧



静岡では我が家の横を流れる川の土手にも菜の花が咲き、
すっかり春めいてきました。宮城から仕事で訪れた千葉サンなんて
「Tシャツでいける」と言っていたくらいです。

そんななか22日は野池で久しぶりに釣りをしてきました。
詳しい模様はhttp://nomushun.com/←コチラで
現在開発中の“BNX”シリーズのテストを兼ねていたのですが、
既にGOサインをだし量産に入るのがベイトソリッドの「BSD-64L」。

今年ブームになっている「ベイトフィネス」をキーワードに
僕的な解釈で開発していたモデルですが、最終プロトは昨年の
旧吉野川戦でベイトネコにて使用してました。
初日はこのロッドであっという間にリミットメイクしたものの、その後外して
成績だけ見ると残念な感じなのですが、このロッドには我ながらしびれました!

実を言うとベイトブレスではもともと湾ベイトスペシャルというベイトソリッドが
存在していてコレを試しに使ったところ心に響く物があり?
グリップやガイドのセッティングを見直しながらバス用にアレンジして
煮詰めていったのがこの「BSD-64L」なのですが、30tソリッドのこのロッドは
僕の「ベイトフィネス」に対し欠点が見当たりません!

ベイトフィネスでの利点などはどのメーカーさんでもいろいろ説明されているので、
今回はベイトフィネスの「欠点」というか「弱点」というか気をつけなければならないところに対して
このロッドがいかにそれらを克服しているかを挙げてみると・・・

ベイトフィネスでの弱点は・・・

1)細いラインをスピニングに比べドラグ性能の低いベイトリールで扱う為にボート際などでの
 急な魚の突っ込みにラインブレイクしてしまう。

2)太いラインを使った際、ロッドの破損を恐れてフッキングが弱くなり、結果ちゃんと
 フックアップできずにバラシに繋がる。

この2点がまず挙げられる。しかし!

1)に対してフルソリッドならではの負荷にたいしてスムーズにベンドしていく可変テーパーと
 サスペンション能力が急な突込みにも対応してくれます。

2)は、フィッシングショーで観て頂けた方も居ると思いますが、(ルアーニューさんの動画で観れます)
 フルソリッドってよっぽどの事でもしない限り、まず折れません!思いっきりアメリカのプロみたいに
 思いっきりフッキングしちゃってください。(笑)

こんな感じで死角なしって感じですが、じゃあ何故どこもフルソリッドにしないの?
というと高いんです。コストが・・・。まあベイトブレスではその世界最高水準であるメイドインJAPANの
フルソリッドモデル「BSD-64L」をメーカーとしての限界値の価格で社長が頑張ってくれると
思いますんで、価格と発売時期発表までしばしお待ちを!

 
by baitbreath | 2010-02-24 11:54 | 野村俊介FishingDay
清水盛三選手がB.A.S.S. エリートシリーズ参戦のためサンフランシスコに昨日出発しました。

初戦のカリフォルニアデルタとクリアレイクの二週連続で試合に参戦します。

a0097491_10184882.jpg


a0097491_10192317.jpg

by baitbreath | 2010-02-24 10:21
さて、今年も相変わらず大阪だけでしたがフィッシングショーも無事に終了し、3月もすぐそこまで来ています。いよいよバスアングラーもシーズンインですね。社内も年末からのバタバタが急加速って感じです。

そういえば『2010新製品チラシ』は手にとって頂けましたでしょうか?今年前半中にリリースが決定しているアイテムをざっくりまとめたチラシですので、御覧になられていない方はお近くのベイトブレス製品取扱店様までお問い合わせください。

そのチラシにも載っている、今シーズンのバスアイテムはこちらからスタートです!
a0097491_1828761.jpg


以前にも少しだけブログ内で触れていた、U30シリーズのフィッシュテール2.8インチ新色5色です!!前回のシルバー&ホログラムラメの5色に続き、今回はパール系の5色です。シリーズ内基本色(10色)での発売当初から非常に要望の多かったパール系カラー。多くの候補から厳選しテストを重ねたこの新色、早くももう今週中に出荷が始まりますので、この5色を解説しておきましょう。少々長くなりますが、しばしお付き合いを。



ホワイトパール
a0097491_17114583.jpg

最近は使うアングラーが減ったようにも思いますが、なんだかんだ言っても必要な色でしょう。
実はこの色、今までベイトブレスで採用してきた同サイズクラスのホワイトパールより、少々ホワイトを濃くし(透過率を下げ)ました。これによりサイトでの視認性アップはもちろん、マッディーウォーターでも水に溶け込み過ぎずにアピールしますので、フィッシュテールの基本性能の高さをマッディーレイクでも実感できるでしょう。パールの量も多過ぎず少な過ぎず、『いつでもどこでも』オールラウンドなホワイトパールに仕上げました。この絶妙な濃さは、サイズ以上の仕事をこなす、頼れるカラーですよ。





プロブルー
a0097491_17124651.jpg

この色も今まで採用してきたプロブルーとは違い、マッディーウォーターでも充分なアピールができるような細工をしました。この場合、ベース色が薄かったり、ピンクっぽいプロブルーではイマイチなんです。少々白濁りしたスモークに多めのブルーパールをプラスし、シルエットの強調に重点を置いたカラーです。バスがベイトフィッシュを特に意識する時期のリアクション寄りの釣りでは最強なカラーではないでしょうか。『プロブルーは春の色』なんて古い固定観念は捨てて下さいね。既存ラインナップカラーでは出来なかった仕事を、クリアウォーターでも、このカラーに任せてみてください。





シークレットワカサギ
a0097491_17153073.jpg

薄いスモークに薄めのパープルパールを組み合わせた、低水温期やストラクチャーを意識した釣りで、特に強いカラー。この色の為の2月出荷!といったら大袈裟ですが、スポーニング初期~中期までは絶対に手放せないカラーですね。ソリッドブラックとの使い分けがキーなのは、シークレットです。。。
またハイシーズンにおいても、ウィードに引っ掛けてシェイク、岩に隠れてシェイク、杭、テトラ、護岸・・・など、その薄いボディーカラーがストラクチャーで『かくれんぼ』しているようで、でもパールの『存在感』がある『シークレットな存在感』的な使い方が効果的。





ライブリーワカサギ
a0097491_17163050.jpg

正直言うと、調色に一番苦労したカラーです。ちょっと製造の都合を説明させてもらうと、一般的に『パールの発色は、単色が基本』なんです。性質上、複数のパールをミックスすると、パールの粒子の細かさもあり、それが混ざり合うと、それぞれの色の発色を確認するのは容易ではないんですね。例えて言うなら・・・・・皆さんご存知の調味料『ごま塩』。『この黒はゴマ・・・この白は塩・・・』と区別がつきますよね、当然。でも、それを細かくすりつぶすと・・・・・徐々に混ざり合い単色化してしまうでしょう。
まああくまでもこの話は例えですけど、『2色の異なる色の粉末の発色』その限界点にチャレンジしました。そして案の定、苦労しました。。。。。そんな試行錯誤の末『パープル&シルバー』の2色パール共存に成功したのがこの色。角度によりパープルとシルバーの強弱が変わるようにも見えるこのカラーは、まさに『ライブリーワカサギ』
重要なのはパープルとシルバーのバランスです。ワカサギの生命感を、パープルウィニーとはまた違う常識外れな調色で表現してみました。2色のパールの色調変化を有効利用する為に、光量の多い表層~中層がこの色の得意レンジです。





グリパンブルーパール
a0097491_1714865.jpg

一目見ればすぐに想像がつく『ボトム系カラー』ゴリなどの底ベッタリで生活するベイトフィッシュをイメージしたカラーです。絶妙なパールの量により、『ぬるっとした質感』までも伝わってくるようなこのカラーは、ジグヘッドやショートリーダーダウンショットでの単体使用はもちろん、スモラバのラバー等の異なるマテリアルとの相性も抜群です。クリアレイクのみならず、マッディーレイクにおける護岸や橋脚、テトラ等のプレッシャーの高いマンメイドストラクチャーも、このカラーの得意分野です。

あっ、そうそう、ただひとつ、このカラーには欠点があるんです・・・・・たったひとつだけ・・・・・このカラー・・・・・ブルーに発色しすぎることを嫌ってパールを超絶妙な量に押さえた結果、室内のような蛍光灯の下でパッと見た限りでは、グリパン/シードやダークグリパン/シードとの見分けがつきにくいかもしれないんです・・・・・。かもしれない。まあ並べて比べれば差は明らかだし、当然双方を見慣れた我々には見分けがつかないなんてことはありません。よく見てもどっちにパールが入っているか分からない、なんてことはありませんので誤解のないようにお願いします。ただ、『お客様が間違えて購入される可能性がゼロではないなぁ』という判断です。

ということで、今回追加する5色を合わせると全20色になったこのアイテムの中で唯一『グリパンブルーパールだけは、バーコードをパッケージ表面に貼る』ことにしました。このバーコードには、カラー名も入っているので、よくご確認のうえ、お間違えのないようによろしくお願い致します。





以上、今週中の初出荷を控えた5色でしたが、最後にこの5色のバランスに注目。以外とマッディーウォーターにもバッチリ対応できるカラーが多いんです。「マッディー用」ではなく『マッディーにも対応』と。これは当然、今年のキーワード『ベイトフィネス』を想定して去年からテストしていた結果です。ベイトフィネス=マッディーウォーターという安易すぎる発想ではなく、今までは特にクリアウォーターで実績を残してきたこのアイテムに追加するカラーとして、水質を問わず、たとえマッディーでも武器になり、活躍できるカラー(主にベースの透過率調整によるもの)を多めに採用した。と、ご理解ください。もちろんそんな釣りに欠かせない現在製作中のフルソリッドベイトロッド『EVO-BSD604L』も近々、正式発表できると思いますのでお楽しみに。




そして今シーズンのU30シリーズはフィッシュテールのみならず、アイテム毎に違う新色を追加する予定で、順次生産中です。ご期待ください。予定アイテム&カラーは『2010新製品チラシ』にまとめてありますので、お持ちでない方はお近くのベイトブレス製品取扱店様までお問い合わせ頂き、このホームページ内での発表と照らし合わせて頂くとわかりやすいと思いますので、よろしくお願い致します。



長々とお付き合いありがとうございました。それでは今シーズンもまた、U30シリーズが全国各地でウイニングルアーになれるよう願っております。



最後にもう一度、『フィッシュテール2.8で、パッケージ表面にバーコードが貼ってあるのがグリパンブルーパール』ですよ(笑)



それでは、また。
by baitbreath | 2010-02-22 18:33
皆さんご無沙汰しております。最近はトーナメントの準備や何やらで釣りに行けてないのですが、
ホームページが出来ましたのでご報告させていただきます。


http://www.nomushun.com/


まだまだ内容も淋しい感じですが、徐々に内容の濃いものに出来るように
するつもりなので皆さんよろしくお願い致します。
by baitbreath | 2010-02-22 09:32 | 野村俊介FishingDay
今日はボート関係の準備のついでにイシグロ国吉田店に行くと何故かベイトブレスTシャツが!

a0097491_9243316.jpg
このデザインは多分在庫もないはずなので探してる方がいたら宜しくお願いしますね。
by baitbreath | 2010-02-22 09:25 | 野村俊介FishingDay
サポートプロの伊藤です。2月14日に琵琶湖に行ってきました!
真冬のこの時期ですから一日やりきってワンバイトだろうと、厳しいのを覚悟で
自宅を出発!
厳しいのはわかっていながらも、釣りが出来るだけでも楽しいんです♪
この日は朝からベイトネコ一本勝負。去年からマイブームになっているので、完
成度を高めようと、ひたすら練習してます!
予想通り厳しく、ノーフィッシュのまま夕方が近づきます・・・。
マリーナに帰る途中、ラストと言って寄ったスポットでついに待望のバイトが!!
エヴォラ66Mをバットからブチ曲げられ、やっと上がってきたのは余裕で4キロ
を越す59.8cmでした!
わずかにロクマルには届きませんでしたが、この時期にはかなり貴重な1本だっ
たのでめちゃくちゃうれしかったです!
今回のロッドはエヴォラの66Mを使用しましたが、本来ならば現在開発中のフル
ソリッドのベイトフィネスロッドを使用したかったですね~!
プロトを使わせてもらった時には、この手の釣りには最高な仕上がりになってま
したからね!
完成間近なのでホントに楽しみです!
皆さんも是非、フルソリッドでのベイトフィネスを体験してみて下さい!
a0097491_9182186.jpg

by baitbreath | 2010-02-17 09:20 | FishingReport
モニターの井上です。
2月13日に北浦へボートの整備に行ったついでに友人とオカッパリを
して来ました。釣り始めの小一時間はまったくノーバイトだったのですが、
後から参加した友人がいきなり1投目でヒット!800gクラスの見事なバス
を釣り上げました。

さっそく同じシチュエーションの場所にロイヤルブルーハンマーヘッドジグ+
ナミキュー(シナモンブルーラメ)を投入。3投目のフォール中にラインに
違和感を感じたのでフッキング!!その後いきなり激しく突っ込まれましたが、
何とか無事にランディングに成功!

上がって来たプリスポーンか?と思われる様なお腹パンパンの楽々1500g
オーバーのバスでした。正味2時間のオカッパリでしたが、2010年初の
キロフィッシュを堪能し、寒かったのでこの日は納竿と致しました。

a0097491_9155268.jpg






使用タックル

1/4ozハンマーヘッドジグ + ベイトブレス ナミキュー(シナモンブルーラメ)

ライン:サンラインDEFIER15ポンド
by baitbreath | 2010-02-17 09:16 | Yasu井上Take a Breath
2月7日北浦で行われたフリーダムバスクラブマンスリートーナメント
に参加して参りました。水温は4度台。前日から北風が強く吹き、
当日も北風8mが吹き荒れ、湖全体が白波状態でした。
そして今回の試合結果は…予想通りの全員ノーフィッシュでした(ーー;)
この寒さと波では釣りになりませんでした。久々に波を被ってとても
寒かったです。。。((+_+))
a0097491_1638824.jpg


このままでは諦めがつかないので、仲間数人と桟橋でオカッパリ開始!!
この冷え込みではリアクション的なルアーでないと口を使う状況にないと思い、
波動の強いチャターベイトにナミキューをトレーラーにセットしたリグを投入し
ました。ルアーとトレーラー、ダブルのブリブリ感がバスにはたまらないのか?
桟橋中層を泳がせて来ると一瞬だけブリブリ感が止まり、同時にルアーの
重さがフッと消えたのですかさずフッキング!!上がって来たのはルアーを
喉の奥までガッツリ飲み込んだナイスバスでした。その後も同様のバス2匹を
釣り、大満足のトータル3匹で終了しました。ほかの友人はライトリグで頑張っ
て居ましたが、残念ながら厳しい様子でした。

この状況下で立て続けに3本を引きずり出すチャター+ナミキューの「波動コンビ」
の凄さを改めて実感した日となりました。今シーズンの試合でもこのルアーが
活躍してくれると思うので、今から使うのが楽しみです。(^O^)
a0097491_16384428.jpg




使用タックル

チャターベイト + ベイトブレス ナミキュー(グリパンシード)

ライン:サンラインDEFIER15ポンド
by baitbreath | 2010-02-12 16:39 | Yasu井上Take a Breath
先週は無事にフィッシングショー大阪が終了しました。

当日会場で声をかけて下さった皆さん有難うございました。

横浜には行く予定はないのですが、新製品についてはまたブログで詳しくアップしようと思います。

写真全然撮るの忘れてたのですが、唯一撮ったこの写真は関西営業マツモト氏たっての希望で今年も打ち上げで行った業界人御用達の焼き肉「たつみ」にて。

a0097491_16341438.jpg

by baitbreath | 2010-02-12 16:35 | 野村俊介FishingDay
先月、琵琶湖におかっぱりに行ってきました!

今回は琵琶湖へとよくおかっぱりに行っている友達に案内してもらい、冬でも比
較的釣りやすいというポイントに連れていってもらいました。

この時期はボートで出てもノーフィッシュの可能性大のため、手堅くおかっぱり
になったというわけです。


今回行ったのは湖北にある水路のようなポイントで、冬になると魚が水路内に
入ってくるようです。

さすが冬の人気スポットということで、釣り人の数がすごかったんですが、無事
に初バスをゲット!

リンバーのネコリグはこの時期もしっかり活躍してくれます!
a0097491_1255754.jpg

by baitbreath | 2010-02-09 12:06 | FishingReport