ブログトップ | ログイン

blog Breath

baitbreath.exblog.jp

ベイトブレスのブログ

カテゴリ:清水盛三 In U.S.A.( 125 )

モリゾー選手準決勝終了後にコメントいただきました。
今回のメインベイトについてです。


by baitbreath | 2015-05-10 15:27 | 清水盛三 In U.S.A.
先週のカリフォルニアのトーナメントに続き
今週はアリゾナ州レイクハバスにてエリート第4戦が始まっています。
モリゾー選手の初日は厳しいものでしたが
2日目は16ポンドオーバーを持ち込み3日目準決勝進出!
動画コメントをもらったのでアップします!
明日も頑張ってもらいましょう!


by baitbreath | 2015-05-09 10:47 | 清水盛三 In U.S.A.
バスマスターエリートシリーズ第3戦はカリフォルニア州サクラメントより
サクラメントリバーでの開催となりました。
a0097491_13453393.jpg

まずはミーティング。すべての試合はこのミーティングから始まります。
試合水系でのフィッシングライセンスのチェックや地元のルールの細かい説明など。
サクラメント周辺では全く釣果が期待されないため
参加選手全員が1時間から1時間半かけて南下をして
カリフォルニアデルタと言われる場所での釣りをすることになりました。
その南下する際に走るのがサクラメントリバーなのですが、
途中何箇所もNo Wakeゾーンと言われる制限速度指定域があり
その説明なども細かく行われました。
a0097491_1347584.jpg

ミーティング後モリゾー選手は翌日からの準備に追われていました。
T.T. Shadも出番はあるんでしょうか。
a0097491_1349537.jpg

選手たちはバスボートで1時間半くらいかけて南下しますが
我々取材陣は車で1時間離れたマリーナまで移動してそこでボートを降ろします。
そこから巨大迷路になっているカリフォルニアデルタでの撮影が始まります。
モリゾー選手からの数カ所場所を教えてもらい何とかたどり着きました。
目立つ色の洋服で遠くからでも目視出来たので少しづつ近づきました。
a0097491_1413637.jpg

ちょっとしたスポーニングに絡んでいそうなエリアで
クランクベイトやフリッピングで魚を探しているようでした。
時にはベジテーションであったり、スタンディングティンバーであったり。
a0097491_1442499.jpg

かなり気温も上昇してトレーナーを脱いでそろそろ本気モード突入でしょうか。
緑の背景にオレンジが映えています。
a0097491_1463329.jpg

同じエリア内でバンク側から少し移動してオフショア気味の場所へ。
そこに点在している木をクランクベイトで攻め始めるとすぐにフィッシュオン!
慎重に手繰り寄せて3本目を釣り上げました。
この時点では可愛らしいバスだけということでした。
その後短い時間で2匹を追加してまずはリミットメイク。その後僕は他の選手の撮影へ。
大会初日モリゾー選手は11ポンド8オンスをウエイインして83位タイ。
2日目はサイズアップを期待したいところです。
a0097491_1411239.jpg

大会2日目スタート直後サクラメントの街を走るモリゾー選手。
選手たちはこのあと1時間以上かけて各々のエリアへとボートを走らせます。
もちろん皆ガソリンも途中で補充の必要あり。
今回実は何人かの選手はガス欠で他の選手の船に拾って戻ってきた選手もいたほどです。
a0097491_14131690.jpg

写真はいきなりですが帰着後ウエイイン直前のモリゾー選手です。
この日モリゾー選手を探すも広大なカリフォルニアデルタで
なんとしたことか、モリゾー選手を発見できず。
教えてもらっていたエリアを中心に探したのですが
さらに離れた水路の上流域にまで上っていたそうです。
GPSでは拾いきれない場所のようでした。
a0097491_14161060.jpg

全体的に少しタフになったこの日モリゾー選手は8ポンド14オンスをウエイイン。
合計20ポンド6オンスで96位でした。
プラの段階でもタフではあったようですが
本人いわくもう少し釣って来れると思っていた、ということでした。
開幕から3戦とももろにスポーニングに絡んでくる試合となり
ほんの少しスポーニングが前後どちらかにでもずれていると
また違った試合展開だったかもしれないですね。

ちょっと今は不調の波に飲まれてしまっている感はありますが
まだシーズン3戦が終わったところ。
まだ折り返し地点にも到達していません。
そろそろギアを入れて噛み合ってくる頃でしょうか。
スロースタートなシーズンにはなりましたがまだまだこれから!
皆さんもお応援よろしくお願いします。
次戦は今週のアリゾナ州レイク・ハバス戦になります。
by baitbreath | 2015-05-06 14:27 | 清水盛三 In U.S.A.

by baitbreath | 2015-04-30 17:26 | 清水盛三 In U.S.A.
バスマスターエリートシリーズ第2戦はアラバマ州ガンターズビルでの開催となりました。2005年の同湖開催においてモリゾー選手はその年のツアー単日最高ウエイトを最終日に叩き出しました。そしてこの湖で生まれたのが”Big Mama!”です。
a0097491_2142253.jpg


大会前日のミーティングではガンターズビルのダラー市長がモリゾー選手にコメントを求めにやってきました。やはりアメリカ人にとってもビッグママのという言葉がこの町では広まっているようでした。市長自らモリゾー選手にとってガンターズビルという町がどういう街か聞いてみたかったそうです。
a0097491_216985.jpg


モリゾー選手にとって今回のプラクティスはかなり厳しいものだったようです。選手によってかなりいいプラだったりタフだったりとどうやらガンターズビルは難しい時期だったようです。スポーニングに絡んでいるバス、ポストに移行しているバスといかに攻めていくかがキーになったようです。初日がスタートしました。
a0097491_217884.jpg


モリゾー選手はスポーニングシャローフラットに絡むエリアを中心に攻めていました。
a0097491_2182592.jpg

a0097491_2193254.jpg


アタリも少ないようで同じエリア内をこまめに移動しながらアジャストをかけていました。
次のエリアへ大移動するモリゾー選手。
a0097491_2205318.jpg


バイズカーリーを打ち込んでアタリをとっていました。自分がモリゾー選手を見つけた際には小さいの3匹ということでした。バンクに近いストラクチャーを中心に攻めているのでしょうか。
a0097491_223788.jpg


移動をしたエリアで待望のキーパーを追加。なんとかリミットを揃えて戻ってきて欲しいものです。
a0097491_225291.jpg


ウエイインに戻ってきたモリゾー選手は周りの選手があまりにも釣ってきている事に、思わず肩を落としてしまいました。初日は13ポンド9オンスで93位タイと、ガンターズビルでの開催において思わぬ幕開けとなってしまいました。2日目はなんとか挽回してもらいたいものです。
a0097491_227192.jpg


2日目、かなりのウエイトを持って帰ってこなければ3日目の準決勝には進めません。ここガンターズビルでは重量ウエイトの期待は常に持てる湖なので諦めてはいないようでした。激しい雷雨のため選手の安全を考慮した大会運営側は1時間のスタート遅延を発表しました。テントの下でスタートを待つモリゾー選手。
a0097491_2275542.jpg


最近のモリゾー選手には珍しくスタート前にボートドックに接岸しながら準備をしていたのでパチリ。
いつもオフショアに浮いて準備していますからね。
a0097491_2291280.jpg


2日目は雨の中でのスタートとなりましたが、湖に出てみるとそこまでひどい雨にはなりませんでした。数人の撮影をこなした後、モリゾー選手を見つけてすぐフィッシュオン!今日もバイズカーリーテールでバイトを取っていきます。
a0097491_231497.jpg

a0097491_2313038.jpg


キーパーギリギリくらいでしょうか、ライブウェルに入って行きました。
a0097491_233476.jpg


2日目も釣れているバスはどうやら可愛いサイズのようでした。テキサスを打ち込んだり、ロングキャストでハンプに絡むポイントを狙ってみたりという攻め方でした。そしてもう一匹追加。全部キーパーギリギリですすわぁ、と悔しそうなモリゾー選手。
a0097491_2354078.jpg

a0097491_236610.jpg


もう放浪の旅に出ますわぁ、とデカバスを求めて次のエリアへとバスボートを走らせました。
a0097491_2383675.jpg


帰着時のモリゾー選手。ちょっとサイズアップしたバスを持ち帰ってきたようです。
a0097491_2445557.jpg

16ポンド11オンスと初日に比べるとサイズアップには成功しましたが、さすがにガンターズビル、釣ってくる人はさらに上を行きます。30ポンド4オンスで最終的には83位。
ステージ上で“今回の大会は全然釣れなくて納得いかないけれど、それでも僕はガンターズビルを愛しています!”となんとか言い切ったモリゾー選手。悔しさがにじみ出ていて、さすがに声をかけづらかったです。
a0097491_247327.jpg


今回はバスマスターとの仕事がなかなか終わらず、タイミングが合わずモリゾー選手の試合後動画コメントを撮りにいけませんでした。今日電話で話したモリゾー選手、現在は倉庫のあるミズーリ州のスプリングフィールドにて西海岸の2連戦に向けて準備中です。試合終了直後はかなり打たれて落ち込んでしまっていたようですが、今日の電話で安心しました。
“絶対ここからはいあがってやりますわ!ガンターでここまでやられるとは悲しいし、悔しいし、、、今回は自分の力が足りませんでしたわ。もうね、次戦のカリフォルニアデルタではこの悔しさぶちかましたりますわ。ちょっと気持ち切り替えて挑むからみといてや!”
と力強いお言葉。次戦カリフォルニアデルタ戦は4月最終週の開催です。応援よろしくお願いいたします。
by baitbreath | 2015-04-15 02:53 | 清水盛三 In U.S.A.
今回の試合はアラバマ州のガンターズビル。
モリゾー選手をBIG MAMAで有名にした湖です。
明日から試合開始です!

一言もらいましたので動画コメントをどうぞ。
悪ネット環境のせいなのか画質がかなり悪いですが。
応援よろしくお願いします!

次回当ブログ更新は試合終了後になります。
お楽しみに!


by baitbreath | 2015-04-09 12:34 | 清水盛三 In U.S.A.
を録ろうと思いましたがモリゾー選手の悔しさがにじみ出るものとなりました。
長いトーナメントシーズン、こういう日もあると思います。
次戦に向けて元気を取り戻してくださいね!


by baitbreath | 2015-03-27 12:43 | 清水盛三 In U.S.A.
2015年のバスマスターエリートシリーズがついにキックオフです。
今シーズンからモリゾー選手のこのブログは試合が終了後に
アップさせていただくことになりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

a0097491_19245170.jpg


上の写真は選手のプロフィール写真撮影からの一枚です。
各選手バスマスターのウェブサイトやメディア用の選手名鑑に
掲載される一枚です。

a0097491_19275587.jpg


2015年の初戦の開催地はテキサス州オレンジでの
サビンリバー戦になります。
とにかく広大なエリアがトーナメントウォーターとなっており、
東のルイジアナ州は2時間以上、南にも1時間、西にも2時間以上
バスボートで走ることができるトーナメントとなっています。
現に車で2時間以上かかるヒューストンまで走った選手が
2位に入る試合となりました。
初戦の朝は霧で2時間以上のディレイとなりました。

a0097491_19351156.jpg


9時過ぎにやっと今シーズン初のスタートになりました。
ここオレンジは朝から沢山のファンがスタートを見に来ていました。

a0097491_19393625.jpg


選手によっては1、2時間離れた場所を選んでいましたが
モリゾー選手はそれほど遠くない20分くらいのエリアをメインに
試合の組み立てをしていました。
教えてもらった場所に行ってみると日本からのテレビクルーに
撮影されるモリゾー選手の姿がありました。

a0097491_19415330.jpg


モリゾー選手はBYSシュリンプのテキサスやクランクベイトでシャローを
攻めていました。本当に魚の薄い場所でバイトもかなり少ない
2年前に行われた際もタフなトーナメントであったことを思い出します。

a0097491_1944829.jpg


そんなトーナメントでありながらモリゾー選手のバイトシーンに
巡り会うことができました。これはクランクベイトにバイトがあったシーンです。
あまりにも広大なエリアで色々とカバーしなければいけなかったので
この後モリゾーさんを離れました。

a0097491_1947482.jpg


今年初のウエイインは3匹で4ポンド15ozの69位タイ
壇上で魚をホールドするには至りませんでした。
悔しい初日ではありましたがエリアに魚がいることはつかめたようです。

a0097491_1951308.jpg


そして2日目のスタートはさらに深い霧に包まれます。
横になる選手、他の選手と喋り続ける選手。
黙々とタックルの準備を数選手。
一瞬だけ霧が薄くなった瞬間に2時間半遅れでスタートとなりました。
一番手前がモリゾー選手です。
2時間半も遅れると遠方にエリアを持っている選手は
釣りができる時間が益々減ってしまい不利になってしまいます。

a0097491_1958698.jpg


2日目は他のトーナメントリーダーらを撮影しに自分も
かなり離れたエリアに行ってきました。
その帰り道にもしかしたら、、、と思い覗きに行ったモリゾー選手のエリア、ビンゴ!
水路を入っていくとこちらに向かっているモリゾー選手に遭遇しました。

a0097491_2005095.jpg


やってしまいましたわぁ、ナイスサイズを一本。
この試合タイミングが合わないのか、
ラインブレイクや最後にばれてしまうということがあったそうです。
悔しいですよね、そんな時。
それでもその時にベストなタックルを選択し
時間いっぱいまでキャストし続ける姿、いつ見てもいいものですね。

a0097491_2035119.jpg


モリゾー選手のウエイイン直前のステージ裏での一枚。
モリゾー選手の後ろは前回覇者のトッド・フェアクロス選手。
2日目も3匹。5ポンド8オンス、2日合計で10ポンド7オンスで66位。
初戦は準決勝進出ならず。悔しい1戦となりました。

次戦はアラバマ州のガンターズビルレイク戦。
そう、モリゾー選手のBig Mama!が生まれた湖です。
悔しさはここにぶつけて大好きなガンターズビルで
思いっきり暴れちゃってください。
by baitbreath | 2015-03-26 20:11 | 清水盛三 In U.S.A.

by baitbreath | 2015-02-26 20:36 | 清水盛三 In U.S.A.
a0097491_11595836.jpg

大会2日目、初日よりはかなりマシにはなりましたが相変わらず
皮膚を出していると痛くなるようなそんな感覚の朝でした。
モリゾー選手もスタートに向けて入水です。
a0097491_1221528.jpg

アメリカの釣りの大会は国歌が流れて始まります。
それはバスマスタークラッシックも同様です。
モリゾー選手はこの時、何を思っているのでしょう?
間も無くスタートです。
a0097491_125456.jpg

朝一は初日のリーダーだったディーンロハス選手をお追いかけ
その後他の選手の撮影依頼を受けました。
しかしその先にモリゾー選手がいそうな雰囲気だったので覗いてみると、、、
やっぱりいました。シャローでボートドックを撃っています。
どうやらタフな朝を迎えている模様です。
非公式ながらバスマスターのホームページによると
4パウンダーが一匹入っているはずですが
その場の雰囲気で何か聞きづらいなぁ。
a0097491_1291096.jpg

更にコーブの奥にあるボートドックも攻めていきます。
ラージマウスをボートドックから引きずり出して欲しいですね。
その後もじっくり打ち込んでいきました。
a0097491_12103831.jpg

どうやら移動のようです。
この後防寒着のフードをかぶってしまい上流に向かって走っちゃったので
自分は追うことができず。バスマスターの依頼でまず下流域の
選手の撮影をこなさなければいけませんでした。
その後上流域まで探しに行きましたがどうやらすれ違い。
また下流域に戻られたようでした。
この時点で自分は湖上の撮影はタイムアップ。
さて、帰着まであと1時間。なんとか釣ってきて欲しいものです。
a0097491_12135396.jpg

今日もウエイインショーはアリーナで行われます。
モリゾー選手が"From Osaka, Japan"と説明されて会場に。
ライブウェルから抜き出したのは4ポンドはあるであろうナイスフィッシュ。
しかしそれに続くものがなく、、、
結果は1匹4ポンド8オンす。2日合計で5ポンド13ozで52位。
2年連続3回目のクラッシックは厳しい一戦となりました。
条件は皆一緒ですが、マイナス10度の気温の中でガイドが凍りながらの釣りや、
ボートがトレーラーに凍りついて離れなかったり、
とにかく普通に進む試合でなかったことだけは確かです。

サァ、これで2015年のシーズンが3月には開幕します。
まずは体を温めてシーズンインに照準を合わせてください!
お疲れ様でした。
by baitbreath | 2015-02-22 12:20 | 清水盛三 In U.S.A.